FC2ブログ

キリンさんの支援

2月22日、〈気仙沼鹿折加工協同組合〉が今後の事業方針を説明する記者発表会を気仙沼商工会議所で開きました。その内容を三陸新報のほか、河北新報、そして日本経済新聞も報じていました。

鹿折ぶらんど
2月23日三陸新報記事一部イメージ

日本経済新聞2月24日配信記事
河北新報2月23日配信記事

ポイントのみ紹介すれば、〈気仙沼鹿折ブランド〉の確立をめざし、〈気仙沼鹿折〉のロゴマークを使った新商品の開発や、バイヤー向けのプレゼンルームを備えた組合事務所や、冷蔵庫の建設などを計画。そして2016年度までに海外販路を開拓するほか市内に直営店を開設し、2018年度までに仙台や東京などの大消費地にも直営店を設けるとしています。そして私が驚いたのは、この事業計画の推進にあたって、日本財団(旧 日本船舶振興会)を通しキリングループから〈復興応援キリン絆プロジェクト〉として5000万円の支援を得たことです。

ひさしぶりに、この組合の副理事長のひとりでもある〈福寿水産〉臼井弘君(3年4組)に電話してみました。〈いやあ、大変だでば〉といいながらも元気な様子。なによりのこと。キリングループさんからの支援は、ハードというよりもソフト面を中心としているとのことでした。電話での話しの詳細は略します。

以前、サントリーさんからの支援を紹介したときに〈今日からお酒はサントリー〉と書きました。しかしこれからは、〈たまにはキリン〉。少なくとも、福寿の弘ちゃんは〈キリン〉しか飲まないはず。だよね(笑)。

あらためて、キリングループさんのご支援に対し、御礼申し上げます。

2012年7月5日ブログ「サントリーの支援」
2013年11月20日ブログ「中井英一氏の挺身」
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼鹿折加工協同組合 鹿折

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示