復興トークサロン

早稲田大学でのシンポジウム〈震災復興と市民参加〉と同じ日、3月1日に気仙沼も復興関連のトークサロンが開催されますのでご案内します。〈気仙沼大島みらいチーム〉と〈防潮堤を勉強する会〉が共催します。

◎三陸復興に向けたトークサロン
〜いま何ができるか,次世代に何を引き継げるか

日時: 3月1日(土)14:00~17:00
場所:気仙沼市民会館・中ホール
共催:気仙沼大島みらいチーム/防潮堤を勉強する会
後援:気仙沼まちづくり支援センター

◎趣旨:
三陸沿岸部被災地の復興に向けたインフラ整備事業も本格化しつつあります。市民たちも,自分たちの思いを伝えるために,相当の時間とエネルギーを費やしてきました。当トークサロンは,その過程で考えたこと,学んだこと,復興への思いを再認識し,今後の復興に活かせるよう,さまざまな議論・意見を整理・記録することを目的とします。
今回は,安心・安全な地域社会の構築とそのための防災・減災のあり方,自然豊かな海・山と共生する地域社会の姿,水産業や観光を土台に産業再興をしていく方策など,これらの課題をいかに整合させていくか,市内外で活動されてきた人たちに発言・発題をしてもらいます。

◎司会進行:
・長峯 純一(関西学院大学教授)

◎市外発言者(3名)
・松本誠氏~阪神淡路大震災の経験から(元神戸新聞,元兵庫県武庫川流域委員会委員長,市民まちづくり研究所主宰)
・谷下雅義氏~復興まちづくりと防潮堤(中央大学理工学部教授)
・定池祐季氏~北海道南西沖地震(奥尻島)の経験から(北海道大学大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター助教)

◎市内発言者(7名)
・各地区・主要団体を代表する人など

ご案内は以上です。上記の方々のほか、フロアからの発言時間も設けるとのことです。参加無料・予約不要です。

司会進行の長峯純一さんは、以前もご紹介したように、私たちより6学年下の気中26回/気高28回生。三日町にあった愛耕幼稚園/バプテスト気仙沼教会が実家でした。長峯さんが協力しての大島未来チームの活動については、以前このブログでも紹介しております。

2013年2月13日ブログ「大島未来チーム」
2013年11月19日ブログ「海と緑の大島宣言」

この気仙沼での三陸復興に向けたトークサロン、お時間の許す方はぜひおでかけください。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示