気仙沼の冬の風景

東京もかなり冷え込んでいるのですが、今朝の気仙沼の最低気温は氷点下8度だったとのネット情報。かなりの寒さですね。

私が気仙沼小学校に通っていた頃の、そんな冬の朝。まずは洗面所か台所の水道が凍ってますね。やかんでお湯を沸かし、少しずつ水道栓にかけていきます。急にかけると爆発するとおどかされていました。そして、水道管が少し震えるような感じがしてきたかと思うと、ドッドッドッドッ、バシャー!。無事開通。

いってきま〜す、と言って、まずは隣家〈カネサ〉へ。いっこ上のセイちゃんを待つあいだは、竹輪工場の奥で燃やされているたき火に手をかざします。あの頃の竹輪は、炭火が置かれた長い炉の上をころがして焼いていましたから、たき火もその準備だったのでしょうか。

次は〈べっこう屋〉のフジオちゃんやタカオちゃんのところ。右脇を奥に入ったところにある蔵と通路の間に何本もの氷柱(つらら)が下がっています。太さ7〜8センチで1メートル近い長さのものもあった(ような気がする)。

そして〈紫さん〉の坂をのぼっていくと、金光教や清護寺を過ぎた右側にある空き地には、それはそれは立派な霜柱が。ちゃんとみんなでサクッサクッと踏んでつぶしていきます。〈コッチニモ アッツォ〉なんていいながら。

もちろん、紫さんの坂には融けた雪が凍って何本もの〈タッペン〉ができています、しかし朝は滑りません。ランドセルを使ったりして滑って遊ぶのは学校がおわった帰宅時のお楽しみ。〈タッペン〉については、以前書きましたが、最初はなぜか〈テッカリン〉と思っていて後で修正したのです。それらのブログもお手すきのときに。

2011年6月29日ブログ「紫さんのテッカリン」
2011年6月30日ブログ「タッペン」でした。

50年前の気仙沼の冬の朝。思い出話はこれくらいにしておきましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 たっぺん

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示