ラジオ体操/第1

今日の東京はかなり冷え込んでいます。気仙沼もずいぶんと寒いのではないでしょうか。

さて、私は一昨年の12月あたりから肩こりがひどく、1年以上も悩まされてきました。ただの肩こりでなく、やっかいな病だといやなので、6月には整形外科で診断してもらいました。肩の筋肉が硬くなっているとのことで、簡単な体操を指導されましたが好転せず。

それが、なんということでしょう、年末あたりから肩こりがずいぶん和らいできたのです。なんでかというと、たぶんラジオ体操。12月の中頃から、YouTubeで見つけたつぎの映像を見ながらやっているのです。



このラジオ体操/第1がなかなかいいのです。3分20秒ほどですが、肩だけでなく、全身がすっきり。私は今も1日最低2回を目標に続けています。そんわけで、同級生の皆さんにもお勧めしたくご紹介。

ラジオ体操をやっていると、想像以上に体が硬くなっていることに気づかされます。後半の〈両足とび〉なんかは、以前いためた左足首に痛みを覚えるので、跳ばずに肩だけでごまかしています。皆さんもはじめは無理しないほうがいいでしょう。

この〈両足とび〉、跳びながら両手を上げ下げしますが、手をおろし足にあたったときに〈パタン〉という音が出ます。これで思い出したのが、50年近く前の気仙沼小学校校庭でのラジオ体操。朝礼や運動会のときなどに、全校生徒3000人から出る音はパタン、パタンというよりもバサッ、バサッというような音でした。みんなもたぶん思い出すことでしょう。

あの頃はラジオ体操なんかとバカにしてましたよね。それが今では、結構きつい。一番はじめの〈足を揃えた良い姿勢〉をとるだけで、なんかすでに背筋を伸ばす体操が始まっているような感じがして(笑)。

さあ、みんなで今日から始めよう!まずは、背伸びの運動から。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 ラジオ体操

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示