同級生の恵比寿顔

11月22日の三陸新報に「今日、えびす講」の記事。そして左側の写真を見ると、ありゃま、平塚君じゃないの!

えびす請平塚
三陸新報記事イメージ

〈えびす講は旧暦10月20日。気仙沼地方では恵比寿様をまつり、縁起の良い魚とされるドンコを神棚に供え、ドンコ汁にして食べる風習がある〉との記事の最後に、〈気仙沼さかなの駅(田中前)内に店を構える平塚商店の平塚一信社長は「最近は若い人たちはあまり食べなくなったが、ドンコ汁だけでなく、みそ焼き、刺身などにしてもおいしい」と話していた〉とコメントが紹介されています。

楽天イーグルスのキャップをかぶってドンコを手にする平塚一信君(3年1組)。なんとなく縁起の良い顔に見えてきたのは気のせいでしょうか。

さかなの駅「平塚商店」サイト

同級生といえば、このブログでも紹介した21日のNHK/Eテレの〈東北発☆未来塾〉に気仙沼高校のたぶん2年のときに同じクラスだった三上忠文君が登場していました。唐桑観光協会の会長です。これまでも新聞などで名前を見たことがあったように思うのですが、同級生とは思いませんでした。しかし、今回のテレビにうつった三上君の笑顔を見てすぐに思い出しました。

三上君
三上忠文君。〈東北発☆未来塾〉画面から

三上君は、今週木曜の〈東北発☆未来塾〉デザイナー梅原真さんの最終回にも登場するのではないでしょうか。第4週目は、唐桑の桑の葉茶、カキの燻製、カツオ照り焼きバーガーのパッケージデザインの発表です。

◎東北発☆未来塾
デザインのチカラ 梅原真さん
第4週「デザイン発表!あなたは、それを選びますか?」
11月28日(木)23:00〜23:20
再放送:
11月30日(土)11:20〜11:40

是非ご覧いただければと。

唐桑町観光協会公式サイト
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 唐桑町観光協会 平塚商店

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示