中井英一氏の挺身

11月7日に佐藤真海さんのアエラ誌の表紙を紹介したら、その日の夜に臼井弘君(3年4組)からメール。〈今、寝酒飲みながらブログ見ました。真海ちゃんは気仙沼の誇りですね。10月30日発売の「中古車ガイド」という月刊誌の表紙に恥ずかしながら何故か私がうつっている写真が使われました。もし書店にでも行く時があればさがして見てください〉

おいおい弘ちゃん、〈真海ちゃんだけでなく、俺だって表紙に出てるんだぜ〉ってか(笑)。ネットで調べてもよくわからなかったので、表紙画像を送ってもらいました。

中古車ガイド
『中古車ガイド』2013年10月31日号表紙

左が弘君。右側は誰だろう。あらためて雑誌記事のコピーも送ってもらって読んだところ、つぎのような話でした。右の方は中井英一さん。気仙沼市の鹿折(ししおり)の出身で、三井物産を経て1996年に中古車のオークションをてがける(株)オークネット副社長に、そして現在はオークネット総合研究所最高顧問などをつとめ、中古車取引業界の指導的立場にある方です。私たちよりも3歳ほど年上かと思います。そして震災後にご縁を得て、2012年8月に弘君の福寿水産をはじめ会員社で設立した「気仙沼鹿折加工協同組合」(現18会員社)の顧問についていただいとのことです。組合は現在、水産加工工業団地を計画しています。そして中井さんの助力で、三井物産や住友商事の会長、社長らに面談し協力を要請することもできました。

中古車ガイド誌には、3頁にわたって気仙沼の被災状況や水産加工業の現状が紹介されています。同誌の取材にあたって、中井さんと共に車で気仙沼の各地区を案内したのが臼井弘君だったのです。3名の組合副理事長の一人です。なおカネシメイチの小山修司君(5組)も副理事長です。

弘君は、震災前に中井さんのことは知らなかったといいます。そして〈津波でずいぶん沢山のものをなくしたけんと、逆に沢山の人との新しい縁ができた。ほんとにありがたい〉と。

中古車ガイドの記事の見出しには「オークネット・中井英一氏、故郷復興に挺身(ていしん)」とありました。ほかのネット記事によれば、震災で中井さんのお身内は無事だったそうですが、生まれ育った家は流されたそうです。

中井さん、いろいろとありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼鹿折加工協同組合 中井英一 オークネット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示