気仙沼魚町の神棚

10月6日(日)に佐々木徹君(3年1組)からつぎのようなメール。

お変わりございませんか。

9月に始まった目黒のさんま祭に関する一連の行事も、昨日の反省会でようやく終了しました。9月初めの準備会、12日から本番前日までの準備、15日の目黒での本番、16日、17日の後片付け、22日の山形での「さんま祭り」へ、28日のさんま寄席(気仙沼、東北地方限定)の見学、そして、29日の「市場で朝めし。」と、「目黒のさんま祭スタッフ」として全て参加いたしました。毎週日曜日、「さんま」、「さんま」、「さんま」と結構大変でした。

ところで、昨日の反省会の席上で、さんまの佃煮を作っているケイ(魚町のカクダイ)さんの社長さんから、「おらいの神棚見さだいん、そのうち壊さなくちゃならなくなっから」と誘いを受け、今日早速お邪魔してきました。

すごい、さすがに〈見さだいん〉と言うだけあって、とにかくすごい神棚でした。それで、急きょ写真を撮って明ちゃんに送ります。迫力が伝わるかどうか疑問ですけれど。

DSC01013.jpg

DSC01014.jpg

DSC01015.jpg

DSC01016.jpg

DSC01017.jpg

魚町の船をかけてた家の神棚は、みんなこんな感じだったんだよね。津波で流されず残った神棚も、内湾の区画整理でなくなると思うと、何とももったいないです。昔見た、カネシメイチ(小山修司君の家)の神棚もすごかったけれど、今は、家が取り壊されてなくなっているので、現存しているのは、ここを含めて、ほんの少しかもしれません。

ケイさんの話だと、なくなってしまう前に、多くの人に見てもらいたいので、気仙沼に来た時には、是非寄ってくださいとのことでした。但し、見たい時には、前もって電話をお願いしますとのことです。

ついでに、カクダイさんの2階からの気仙沼湾の写真も送ります。エースポートも七十七銀行も、何にもなくなってしまいました。まるで夢のような画像ですが、これが今の現実です。復興はいつになるのでしょうか。

DSC01018.jpg DSC01019.jpg

DSC01021.jpg DSC01022.jpg

それでは、この辺で失礼します。お互い体に気を付けて頑張っていきましょう。

佐々木 徹

徹君からのメールは以上です。いつもありがとう。
ケイさんは、以前の〈カクダイ〉菅長水産さん。遠洋漁業をはじめ何艘もの漁船〈長功丸〉を有していた船主さんです。(徹君のメールにもありましたが、船をもっての漁業を気仙沼では〈船をかける〉とか〈船かけ〉と呼んでいました)その後カクダイさんは漁業をやめましたが、ケイとして〈さんまつくだ煮〉などを商品化して今にいたります。この〈さんまつくだ煮〉はとても美味しく、私は帰省のたびにお土産にしておりました。先日の目黒のさんま祭では、ケイの菅原義子社長も上京し物販してらしたので、いつものつくだ煮を買いながら挨拶することができました。

しかし、カクダイさんの建物から見る魚町の風景は、なんというか、すっかり変わっちゃって。全漁連の冷凍庫のビルも遠間さんちもなくなって、お神明さんの木々がすぐ見通せます。遠洋漁業華やかなりしころは、毎日大漁を祈願していたであろうカクダイさんの神棚だけでなく、内湾地区の昔の名残をもったものがこうして区画整理でなくなっていくのですね。

ケイさんの住所・電話番号を下記に。神棚だけでなく、〈さんまつくだ煮〉をどうぞよろしくお願いいたします。

有限会社ケイ
気仙沼市魚町2ー5ー17
電話 0226ー22ー0327

ケイさんの復興を紹介したブログ
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 ケイ さんまつくだ煮

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示