さんま寄席大盛況

このブログでも紹介してきた〈気仙沼さんま寄席〉は、28・29両日の催事すべてを無事終了。無事というだけでなく、大盛況、大成功だったようです。私は東京にて、〈ほぼ日〉のテキスト中継を見て、その様子を楽しみました。

28日(土)の〈前夜のおたのしみ独演会〉で始まった〈さんま寄席〉、29日(日)は午前8時から魚市場で「市場で朝めし。」でした。炭火で焼いたさんまと新米の朝めしセットのほか、様々なグループが物販コーナーを出店。私は9時ごろだったかにネットで会場の写真を見て驚きました。大勢の人が魚市場を埋めています。

〈ほぼ日〉の糸井重里さんは、この「市場で朝めし。」に人が集まるかどうか、フタをあけてみなければわからない、と心配されていたようですが、なんとその数8000人。

この「市場で朝めし。」については、糸井さんがほぼ日の〈今日のダーリン〉に書かれていますので、ぜひ読んでください。(毎日更新され本日しか読めません)。

今日のダーリン

糸井さんは、気仙沼に来るたびに、その帰り道ではたいてい、無力感のようなものを覚えていたそうです。〈じぶんたちの力の小ささと、復興の道のりの遠さを、思わざるを得なかったのでした〉。そして次のように続けます。少しだけ引用させてください。


でも、朝の市場で、とうとう見つけた。
小さかろうが弱かろうが、
復興はもう確かに始まってるじゃないか、と。
このにぎわいのなかに、この笑顔のなかに、
このざわめきのなかに、この色彩のなかに、
復興の幼子がかくれんぼしてるよ。
そいつが見えたんです。」

引用は以上です。
29日の午後2時からは志の輔師匠の〈さんま寄席〉。一席目は「ハナコ」、二席目が「大河への道」でした。すべての演目が終了、記念撮影も終えて〈さんま寄席〉の全日程をおえたのでした。

〈ほぼ日〉のテキスト中継を見ると、この二日間の様子がよく伝わってきます。

さんま寄席テキスト中継

〈気仙沼さんま寄席〉すべての開催関係者の皆様、ありがとうございました。そして遠方から気仙沼に来てくださった多くの方々に、深くお礼を申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 さんま寄席

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示