fc2ブログ

徹君からのメール

きのうのお昼前、ブログに気仙沼でのサンマ初水揚げのことを書いた1時間後、佐々木徹君(3年1組)からつぎのメールがありました。

「明ちゃん、お元気ですか。いよいよ「目黒のさんま祭」が近づいてまいりました。ことしも、14日の夜10時気仙沼出発、15日早朝、目黒着で東京にお邪魔いたします。

3台のバスに分乗して東京に向かうスタッフは、およそ80名。その他、新幹線利用、自家用車利用、目黒ほか東京組のスタッフが加わり総勢およそ130名の大所帯です。気中20回生は、物産班の私と、さんますり身班の荒木容子(10組)さんの2名です。

昨夜、最後の全体会が開かれました。以下、松井会長のあいさつの要約です。

「これまでのさんま祭りの中で、今年18回目を迎えて、これほどさんまの獲得にやきもきしたことはなかった。そのくらい異常な事態です。でも、ようやく明日(11日)、気仙沼に初水揚げがあり、12日も水揚げが決まっています。14日は、まだわからないけど、きっと大丈夫でしょう。費用はどのくらいになるか見当がつきませんが、目黒に運んで祭りを成功させましょう」

実際、今朝、気仙沼にさんまが80トン初水揚げされました。価格はやはり高めでした。明日、明後日と水揚げが決まっているようです。ようやく、気仙沼にさんまのシーズンが訪れました。是非、会場に来て気仙沼の味を味わってください。東京で会えることを楽しみにしています」

メールは以上です。なお、メール冒頭の〈アキちゃん〉は恥ずかしながら私のこと。徹ちゃんとは、気仙沼の魚町での幼なじみなもので。

さて河北新報によれば、今季のサンマの初水揚げは平成に入ってから最も遅かったといいます。さんま祭関係者は本当に気をもんだことでしょう。入札価格は1キロ当たり256~320円で「品薄も手伝って、まずまずの値がついた」とのこと。「目黒のさんま祭」気仙沼実行委員会の松井敏郎会長が〈費用はどのくらいになるか見当がつきませんが〉と語るように、これまでのさんま祭でもっとも高価なサンマということになるかもしれませんね。ありがたみ倍増だ(笑)!

河北新報9月11日配信記事
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼気中20気仙沼中学目黒のさんま祭さんま寄席

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示