FC2ブログ

ウナギよりもハモ

昨日は、土用の丑(うし)の日。テレビニュースでもウナギにまつわる様々な話がとりあげられていました。しかしなあ、日本全国いつからそんなにウナギ好きになったんだろう。絶滅の危機が語られているというのに。年に何度も食べない高級食のままでいいじゃないかと思うんだけど。

私が気仙沼で暮らしていたころ、つまり高校生まで、自分の家でうなぎを食べたという記憶がありません。南町のうなぎ料理の老舗である扇屋さんにも入ったことがありませんでした。帰省時に一度くらいはと思ってはいたのですが、津波で被災して廃業しました。残念。

ウナギの季節に私が思い出すのは気仙沼のハモ(鱧)。湯引きなど京都のハモ料理の旬は夏ということになっていますから、気仙沼でも夏だったのでしょう。母が蒲焼きにしてくれました。本当においしくて私の大好物。ウナギの味をよく知らないこともあり(笑)、決して〈ウナギの代用食〉ではありませんでした。また、ハモの養殖というのは聞いたことがありませんから、もちろん地元の天然ものでしょう。

このハモにしても春のシラスにしても、気仙沼であたり前のように味わった季節の味。いま思えば本当にぜいたくな季節の味覚でした。記憶力に自信がなくなった今日この頃ですが、気仙沼の味の記憶だけは肥大化する一方です(笑)。

2012年3月28日「私のしらす物語」
2012年3月29日ブログ「毛ガニの思い出」
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示