住民合意800日

本日夜のテレビ番組のご紹介です。

住民合意
番組サイトのイメージ

◎NHKスペシャル/シリーズ東日本大震災
「住民合意
800日 葛藤の記録」
・NHK総合テレビ
・6月28日(金)
午後10時00分~10時49分

被災地復興における〈住民合意〉というテーマはなかなか難しい課題です。気仙沼の〈防潮堤を考える会〉でも、〈住民合意〉をどう得るのか、そしてそもそも〈住民合意〉とはどういうことなのかが議論のテーマのひとつであったように思います。

このNHKスペシャルでは、宮城県名取市での長期取材を通じてこの問題を考えます。番組サイトでは内容をつぎのように紹介しています。

「 一向に進まない被災地の復興。今その最大の課題が「住民合意」である。被災地各地で今、行政への住民の不信拡大、さらに住民同士が対立する事態が起きている。

震災直後、ガレキ撤去などを1ヶ月で終えるなど復興のトップランナーだった宮城県名取市。しかし町づくりの議論が始まると、復興は進まなくなった。住民の合意形成が進まず、計画を根底から見直すべきだとの声まで上がっている。さらに「現地再建」や「集団移転」など様々な主張の住民団体が結成され、分裂。市はそうした状況下で現行案にこだわり、復興に向けた話しあいは膠着してしまう可能性をはらんでいる。しかしその中でも、なんとかしたいと考える住民が現れ、「意見の違いをこえて話あいの場を持とう」という自発的な動きも出始めた。

どうしてもぶつからざるをえない利害や思い。今後は土地の権利移転を含むさらに困難な課題が待ち受けている。合意はいかにして可能になるのか。何が鍵となるのか。復興への道に立ちふさがるこの難題を、長期取材を続けてきた名取市のドキュメントを通して、考える。 」

紹介文引用は以上です。
気仙沼でも防潮堤問題をはじめ、地域住民の合意が求められる様々な課題があります。住民のなかにも異なる意見や利害の衝突があるだろうことを容易に想像することができます。しかし、難しい問題だからといって逃げるわけにはいきません。〈住民合意〉とはなんなのか、どんな方法があるのか。この番組で少し勉強しようと思っています。

番組公式サイト
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 防潮堤を勉強する会 NHKスペシャル 住民合意800日

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示