FC2ブログ

気仙沼のジョニ黒

NHK連続ドラマ「あまちゃん」。主人公アキが暮らす天野家のスタジオセットはよくできています。いかにも三陸沿岸の漁業を営む家の雰囲気です。2週間ほど前のNHKテレビ〈とっておきサンデー〉で〈あまちゃん〉の小道具などについて美術担当者の仕事を紹介していました。画面にうつるかどうかわからないところまで、ちょっと古ぼけた感じを出す〈エイジング〉をほどこすなど、細かな処理がなされています。

天野家のちらかった感じもなかなかですね。画面のそこかしこにうつるちょっとしたグッズの数々もそうした美術担当者の努力のたまものなのでしょう。そんな小道具のひとつに、アキの祖父 天野忠兵衛が遠洋漁業の寄港先で買ってきたとおぼしき人形や船の置物があります。あれを見たとき、気仙沼の多くの人が笑ったのではないでしょうか。〈あるある〉〈あったあった〉と。

以前、気仙沼南町の妻の実家にも、スペイン土産なのかフラメンコの人形や、メキシコ風のソンブレロがありました。魚町の私の実家には、人形はありませんでしたが、30センチぐらいのワニの剥製。あれは実はトカゲだと聞いたことがありますが、友達の家にいくとだいたいありましたね。あとはサメの頭というか顎(あご)の骨。小学生のころ、三角形のサメの歯を得意そうに友達が見せてくれました。もらったかもしれません。

そして置物ではありませんが、スコッチウィスキー〈ジョニーウォーカー〉の黒ラベル。ジョニ黒。実家の茶箪笥というかサイドボードにもありました。飲まずに飾ってあるという意味ではあれも置物か(笑)。今はずいぶん安くなりましたが、40〜50年前は高価でした。ウィキペディアによれば1957年当時は1万円で、当時の大卒初任給の2カ月分に相当したそうです。私の父はあまりお酒を飲まなかったので、来客時に少し飲んだり、飲まずにストックしておいてほかの方に差し上げていたと思います。

気仙沼の遠洋漁業が盛んだったあの頃、遠い国からやってきたジョニーさんは高級贈答品としてあっちに行ったりこっちに来たり。気仙沼中を歩き回っていたのでしょう。今は見かけないと思う。たぶん。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示