顕子さんご推薦

週刊文春の最終頁に連載されている「おいしい!私の取り寄せ便」は、著名人が推薦する取り寄せ可能な食品を紹介するページ。現在発売中の5月23日号では、なんとミュージシャンの矢野顕子さんが、気仙沼〈コヤマ菓子店〉の〈はまぐりもなかくっきー〉を紹介してくれています。ありがたい!

週刊文春
週刊文春5月23日号誌面イメージ(クリックで拡大)

矢野さんの推薦の言葉は次のとおりです。

「コピーライターの糸井重里さんは、私の曲に詞を書いたりしてくれる、三十年来の仕事仲間なんです。彼は東日本大震災の後、主宰しているウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の支社を気仙沼に立ち上げて、復興のお手伝いを始めました。それを知って私も何か協力したいと気仙沼にうかがった時、地元の方が差し入れてくださったのが、この「はまぐりもなかくっきー」だったんです。
もなかの皮の下からクッキーが出てくるなんて、誰も思わないでしょう? それだけでも驚きなのに、食べてみるとアーモンドの風味がとっても香ばしくて、〈うわ、うまっ〉って感じでしたね。同じ東北の出身者として応援したいという気持ちももちろんあるんですが、むしろ私は、味そのものに惚れたんです。
ニューヨークの自宅では冷蔵庫にしまってあって、自分が何かを成し遂げた時、ご褒美としてひと袋いただいています。あっちでは貴重なんで(笑)。友達のアメリカ人にも好評なんですよ」

コヤマの店主だった小山隆市君は私たちの同級生。惜しくも今年1月に亡くなりましたが、長男の裕隆さんがあとを継いで頑張っています。この〈はまぐりもなかくっきー〉、皆様にも是非ご賞味いただければと。独特の食感があり、とてもおいしいですよ。

コヤマ菓子店ホームページ
「はまぐりもなかくっきー」ショッピングサイト
電話・FAX:0226−22—0868
メール:koyamacake@gmail.com
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 コヤマ はまぐりもなかくっきー 矢野顕子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示