絶望と希望の狭間

4月15日のブログで紹介した「気仙沼港 実況」のフィルム。そのビデオテープは、気仙沼の古い写真やフィルムを紹介する催しや地域振興のイベント活動を熱心になさっていた鈴木敦雄さんが作成したものではないか。そう思った私は、3年前にもらった名刺に書かれていたメールアドレスに連絡してみましたが、もう使っていないアドレスのようでした。次の年に震災だったし、まあしかたがないかと思っていたのですが、思いがけないところで鈴木さんの名前を発見しました。

それは図書館で借りてきた週刊文春3月14日号の〈「つなみ」の子どもたち 「絶望」と「希望」の狭間で 〉という4頁にわたるジャーナリスト森健さんの署名記事。

週刊文春
週刊文春3月14日号 記事のイメージ(1〜2頁の上に3〜4頁を重ねています)
左下の3人が鈴木さん家族


森さんは震災直後に東北沿岸の避難所を回り小学生から高校生までの子どもたちに作文を依頼しました。その80編以上の作文は月刊「文藝春秋」臨時増刊『つなみ 被災地のこども80人の作文集』としてまとめられました。18万部のベストセラー。週刊文春の記事は作文を書いた子どもたちや家族のその後を追ったものですが、その中に鈴木敦雄さんの息女 愛さんの話が紹介されていました。ちょっと長めですが引用させてもらいます。

「 1月下旬、気仙沼市の中3、鈴木愛は東京・虎ノ門の文部科学省で大人を前にプレゼンをしていた。NPOが主催する「全国生徒会サミット」。愛は気仙沼中の代表として参加していた。復興・防災に関する発表で、全国の中学校の名から選抜されたのだ。文科省でのプレゼンでも、最優秀5校の一つを勝ち取ることができた。
愛は「東北枠でおまけしてもらったのかも」と謙遜するが、仮設団地向けに新聞を作るなど、学校での復興プロジェクトには率先して関わってきた。
鈴木家は気仙沼で大正時代から続く家で、自宅は港から1ブロックという位置にあった。家族は全員無事だったが、自宅や父の高級オーディオ事業はすべて流された。
愛は仮設住宅での暮らしを「ぜんぜん平気」と常々語り、作文にもそう書いていた。
〈避難所での生活を思い出せばなにも苦になりません。それどころか、こうして大好きな家族とご飯を食べれることを、寝れることをすごく幸せに思います〉
鈴木家はいつでも前向きだった。父敦雄は、震災後ほどなく復興イベントに取り組み、街起こしに尽力してきた。愛は好きだったバレエやピアノができなくなった熱意を新体操に向け、市の大会で3位に入賞した。いまは高校に入ってからの活動を楽しみにしている。
「生徒会サミットではいろんな人と出会った。そうやって広がれる活動をやってみたいなと思います」

引用は以上です。大正時代から続く鈴木家とは八日町の「鈴木金物店」。敦雄さんの高級オーディオの店は「ミュージッククラブ&真空管」。以前このブログにも書きましたが、私も一度訪れたその店にはアンプやスピーカーなどの懐かしい名機がならんでいました。それを津波で失った敦雄さんの絶望感はどんなに深かったでしょうか。

記事の3ページ目の鈴木家3人がうつる写真のキャプションにこうありました。
〈父は音響機器事業を再開した〉
本当によかった。事業再建は容易なことではないでしょうが、なんとか頑張って欲しい。

記事の最後は気仙沼市のふたりの高校一年生の話です。三束(みつつか)香織さんと斉藤日向子(ひなこ)さん。三束さんの実家は南町の三束ふとん店ですね。筆者の森健さんは二人の前向きな言葉を紹介しながら次のように結びます。
〈そう語る二人の笑顔自体が、かの地に宿る希望のように思えた〉

本当にそうだ。気仙沼の地に宿る希望であると思いたい。
きれいごととしてではなく、心からそう思います。

2011年6月9日ブログ「気仙沼の真空管」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 鈴木敦雄 鈴木金物店 森健 被災地のこども80人の作文集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示