20日は気仙沼バル

20日(土)はいよいよ「気仙沼バル」。


「気仙沼バル」ポスター(クリックで拡大)

「バル」は「BAR」のスペイン語読み。スペインの街角にたくさんある立ち飲み屋さんのこと。最近は、地域振興イベントとして「街バル」が各地で開催されています。

「気仙沼バル」もこの「街バル」のひとつ。立ち飲み感覚で気仙沼の復興店舗の「はしご」を楽しんでもらおうという催しです。南町紫市場、復興屋台村気仙沼横丁、気仙沼鹿折復幸マルシェの3つの商店街40店舗が参加。そして、3店舗を回ることができる1冊3枚つづりのチケットは2,300円。各店ではワンドリンク&ワンフードが提供されます。

「気仙沼バル」ホームページ
Facebook「気仙沼バル」

この「気仙沼バル」については、毎日新聞の配信記事がありましたので紹介しておきましょう。これによれば、このイベントを企画したのは、東京の中小企業診断士らで作る「気仙沼復興支援プロジェクト」。実家が被災した気仙沼出身者が呼びかけ、大学の同窓生らが応える形で結成し、手弁当で準備を進めてきたとのことです。

多くの人の協力で開催されるこの「気仙沼バル」。多くの人が集まり、飲んで食べて大いに楽しんでくれればなによりと思います。

毎日新聞4月18日配信記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼バル 気仙沼復興支援プロジェクト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お世話さまでした!

今日は朝から、お願いごとでお手数お掛けしました。お陰さまで、午後の生放送に間に合い「写真展」のことを広く伝えることができましたよ。「コヤマさん」と聞くと、どうしても反応してしまうのも事実。高校生からから40年近くも身近にあった喫茶店でした。私なりに思い出が沢山あるのです。忘れられない気仙沼のお店です。

さて、「バル」
明日はFMの仲間と、はしごしてきますね~。
地元のみんなに来て欲しいというイベントですがハイカラですね~。楽しんできます。

いろいろ感謝!
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示