FC2ブログ

橋本純一さん

きのう届いた4月14日の三陸新報を見ていたら懐かしい笑顔が眼にはいってきました。
橋本さんだ!

橋本さん3
三陸新報4月14日付(クリックで拡大)

橋本純一さん。気仙沼高校美術部の2年先輩で部長をつとめていました。デッサンも油絵も、そしてちょっとした漫画なんかを描いても、本当にうまかった。階上中学のときにはたしか生徒会長で、学業成績も優秀。大学は岩手大学に進み美術を専攻しました。

卒業後は、この記事にも書いてありますがデザイナーやイラストレーターとして活動し30歳で渡米。現在はニューヨークで写真のリタッチの仕事をしています。リタッチというのはいま、単なる写真修正を越えて創造性を求められる分野です。橋本さんのあのすばらしい感性と技術が存分に発揮されていることでしょう。

2003年には、新聞「気仙沼かほく」の〈安波山〉というコラムに5回ほどアメリカの生活を伝える文章を寄せていました。橋本さんの活躍ぶりを読んでうれしく思ったものです。

それにしても橋本さんの笑顔は高校のころとまったく変わっていないように感じます。45年前の高1の夏、大島での美術部合宿。早朝に地引き網を体験させてもらったのですが、網にかかったトビウオの刺身がとてもおいしかった。三陸新報の写真を見ていると、そんなちょっとしたことや、橋本さんはじめ美術部の先輩たちの顔を懐かしく思い出します。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 橋本純一

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示