目黒さくら祭報告

土日の目黒のさくら祭。爆弾低気圧到来の予報もあり、金曜日には佐々木徹君から〈自分たちは予定が組まれているので夕方には出発するが、みんなには無理しないように伝えてください〉との連絡がありました。

それでも6日は風は強いものの雨はなんとか持ちこたえているので妻とでかけました。会場には菊田裕美君、鈴木徳一君、津谷中出身気高同窓の佐藤幸則君らが集まってくれました。幸則君は、千葉県市川市の市議会議員をつとめています。

目黒桜まつり
徹君夫妻を囲んで
3人
旧 魚町5区の幼なじみ

2時にはすでに〈あさひ鮨〉さんま寿しも穴子丼も完売とのことでしたが、穴子丼はとりおいてもらったので、なんとか味わうことができました。身が厚くとっても美味しかったです。それとメカステーキやいかぽっぽをつまみにビールでみんなで乾杯。

徹君は奥さんと一緒に上京です。奥さんは、一学年下で実家の隣、カネサの〈キヨコちゃん〉。つまり徹君夫妻と私の3人は、旧魚町5区の幼なじみです。そしてみんなで、魚町の防潮堤計画や建築制限ほか、なんやかやのよもやま話。南町の仮設商店街〈紫市場〉も昨年に比べると客足が落ちているとのこと。ニュースでは知っていても当事者から聞く話はやはり違います。

そんなことを話しているうちに4時を過ぎ、雨も降ってきました。徹君は後片付けもあるので物販会場に復帰、私たちも嵐にならないうちにと会場をあとにしました。

今年のさくら祭は昨日の日曜日も強風でしたし、天候に恵まれませんでしたね。それでも多くの人が来場して気仙沼産品を購入してくれました。また物販コーナーでは、気仙沼コンシェルジュの千田さんをはじめ、東京近辺からのボランティアの方々がいろいろとお手伝いしてくれていました。

気仙沼からの物販チームの方々、お疲れさまでした。また、お手伝いというか〈オデッテー〉の人達もいつも本当にありがとうございます。
また目黒のさんま祭でお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 さくら祭

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示