桜咲く日曜の日に

先週末の春めいた日とはうってかわって寒い日が続く東京です。

日曜日にはちょっとだけ花見の気分をと思い、近くの多摩川の土手沿いを車で走りました。玉堤の桜もいいのですが、元の巨人軍のグラウンドあたりですこし裏道に入ると、小さな川沿いにちょっとした桜並木もあるのです。八幡様もあったりして、なかなかの眺めでした。

その帰り道、若くして亡くなった知人のお墓参りを思いついて近所のお寺さんに寄りました。善養寺。都の天然記念物指定の榧(かや)の巨木があるのですが、ここのしだれ桜がとてもよかった。寺務所で線香を頂戴し墓でおまいりした後、しばらく桜や様々な石仏をながめて過ごしました。

この日、仙台では母と兄夫婦らが父の墓参りをしていました。兄の娘や孫も一緒。以前は新潟県の新発田に墓がありましたから、なかなかお参りできませんでしたが、一昨年の7月に仙台に移してからはこうしてみんなでお参りできるようになりました。なにより。

そして同じ24日、気仙沼では今年1月14日に亡くなった同級生小山隆市君の納骨が行われました。息子さんのブログで知りました。たしか墓所は観音寺のはず。隆市君が以前ブログで先祖の墓が〈大小合わせて40基以上、なかには古く元禄時代のものもあるとか〉と書いていました。その墓にこんなに早く入ることになるとは本人も思っていなかったことでしょう。

雪峰院隆善和堂居士

隆ちゃんの新しい名前です。〈雪峰院〉って、どんだけ山が好きなんだよってつっこみたいところ。でも自分でつけたわけではありませんね。

なんかこの戒名を見ていたら、津波で流されたコヤマの2階〈珈琲山荘〉の店内にかざってあった雪山の写真を思い出してしまいました。合掌

2011年7月8日ブログ「たましいの故郷」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示