大人の休日倶楽部

昨日、仕事をおえて帰宅したらJR東日本の「大人の休日倶楽部/ミドル」の会員誌4月号が届いていました。夫婦分で別々に2部届きます。なかなか〈大人の休日〉を楽しめる余裕もないこともあり、特に見ることもなく1部を私のかばんに入れました。

そして本日かばんから取り出してポリ袋から取り出した冊子の表紙を見てびっくり。よく見た風景がうつっています。復興屋台村〈気仙沼横丁〉の皆さんです。中程の列右側の赤い上着を着ているのが気仙沼中学校の同級生〈あたみ屋〉の〈つきちゃん〉大友(小野寺)つき子さんです。

大人の休日
「大人の休日倶楽部/ミドル」4月号表紙

この会員誌の媒体資料を見てみたら発行部数は約49万部だそうです。表4(裏表紙)に広告を出すと157万円。

記事内容は、まず気仙沼の〈南町紫市場〉、〈気仙沼横丁〉、鹿折の〈復興マルシェ〉を見開き2頁で見せたあとに、石巻や塩竃・名取、亘理の復興商店街を紹介しています。震災から2年たって、集客が厳しいとの報道もある復興商店街ですが、こうして応援してくれるメディアは本当にありがたい。

面白そうだから気仙沼というところに行ってみようかな。
〈大人の休日倶楽部〉で(笑)。

2012年3月30日ブログ「同級生の2店」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 気仙沼高校 復興商店街 あたみ屋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示