報道ステーション

きのうの夜、事務局菊田裕美君から次のようなメールをもらいました。

「3月11日、テレビ朝日の番組「たけしのテレビタックル」と古舘伊知郎の「報道ステーション」で、気仙沼の防潮堤問題を取り上げていました。この両方の映像に、気仙沼高校の同級生熊谷雅裕君がうつっていました。

私には、2月6日付け毎日新聞の東京夕刊記事「本音は「反対」だが……復興が「人質に」口閉ざす住民」や、雅裕君の三陸新報への投稿記事が影響を与えたように思えました。報道ステーションの放送では、農林水産省や国土交通省、経済産業省の官僚たちが、国の復興会議が提言する前から防潮堤のシナリオを書いていたこと、宮城県の復興担当者の官僚通達に沿った硬直した考えかた、国の予算があるうちに防潮堤を作らないと県民の命を守れないと話した村井知事。民意を無視した復興を押し進めようとしている官僚と村井知事に対して、テレビを見ていて憤りを感じました」

いつもは冷静な裕美が珍しく怒っている(笑)。しかし、私も含め多くの人が同じ印象を持ったことと思います。

私は、報道ステーションは録画しておいて見たのですが、テレビタックルは残念なことに見逃しました。両方ともテレビ朝日の番組でした。報道ステーションは、冒頭から25分ほどを使って気仙沼の巨大防潮堤問題を紹介していました。防潮堤問題をとりあげたこれまでのテレビ番組ではもっとも丁寧な報道であったように思います。

裕美君がいう〈官僚のシナリオ〉とは、各省庁の〈課長通達〉のこと。あくまでも県などが防潮堤の高さを算出するための〈参考〉にすぎないというのですが、地方自治体にとっては国からの強い指示に感じることでしょう。

ネットのテレビ番組サイトに両番組の内容が文字として紹介されていました。ポイントはこれでわかりますので是非ご覧ください。また、報道ステーションの特集は少したつとネットで視聴できますので、あらためてお知らせします。

「報道ステーション」内容紹介
「ビートたけしのTVタックル」内容紹介
昨年12月6日のテレビ朝日「モーニングバード」での防潮堤問題報道

それと、裕美君のメールにあった雅裕君の投稿記事と、毎日新聞の記事内容は、つぎのブログで紹介しました。これもぜひ。

2月22日ブログ「大島防潮堤に反対
(雅裕君投稿記事紹介)
2月8日ブログ「復興が「人質」に」(毎日新聞記事紹介)
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 防潮堤 報道ステーション たけしのテレビタックル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示