FC2ブログ

内湾のまちづくり

仕事納めする会社も多かったきのう28日、河北新報が気仙沼市内湾の防潮堤計画について報じていました。

内湾地区、つまり魚町・南町の防潮堤は当初の計画高6.2mを1m下げて5.2mとする県の提案を住民側の内湾地区復興まちづくり協議会が了承したとのこと。堤防の位置については結論を持ち越したそうです。

内湾地区の防潮堤については、私のみるところ地元には反対や疑問の声が多かったように思うのですが、市や県の計画推進姿勢との折り合いがなかなかつきませんでした。そして大津波から1年9カ月たって、やっと方向が定まったということでしょう。

協議会の勝倉敏夫会長は「半年の議論でここまで来た。今後は防潮堤の位置決定と土地区画整理事業の施行に向け、まちづくりを急ぎたい」と述べたそうです。これ以上結論を先延ばしにすることができないという判断だったと思います。

防潮堤の位置は、海岸の景観のことを考えると、魚町の海岸通りの一本内側の国道、その山側あたりになるのでしょうか。元魚町の住民としては大変気になるところですが、静かに見守りたいと思います。

年内ぎりぎりになって定まったこの方針。町のみんなの様々な意見をまとめるのは本当に大変だったと思います。この決断が、魚町や南町のより良きまちづくりの一歩になって欲しいと心から願っております。

河北新報12月28日配信
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 防潮堤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示