FC2ブログ

鼈甲屋のケヤキ

小山隆市君(3年6組)のブログが更新されずにいると、体調がすぐれないのかとちょっと心配になるのですが、1日土曜日に新しい内容になっていてホッとしました。そのブログ、クリスマスオーナメントづくりの様子を伝える写真の下になつかしい風景をうつした一枚がありました。

けやき

隆市君は「魚町にこんなに大きいケヤキ、知りませんでした」と書いています。この場所は魚町坂口の入口で、右方向の坂を登ると私の実家跡をとおりホテル望洋へ、そして鹿折地区に通じます。そしてこのケヤキは、鼈甲屋(屋号べっこうや)昆野家、タカオちゃんの家の庭先にあります。(と、きのう書いたら、すぐに三男秀男君からコメントが入りました。あれはケヤキではなく銀杏(いちょう)ですとのこと。あちゃあ〜。そう言われればそうだ。記事下の〈コメント〉をクリックして是非お読みください)

昆野家は3兄弟。小学校の頃は、1年上のフジオちゃん、1年下のタカオちゃん、そして末弟ヒデオちゃんたちと毎日一緒に遊んでいました。ケヤキはその昆野家裏山のもっともっと上にあったように記憶していたのですが。

ずっと前のことになりますが、以前の昆野宅にはお茶飲み部屋だけを残し、裏山のところに現在の家を建てました。写真にもうつっている立派な瓦屋根の家に、いまは隆男君とお母さんがふたりで暮らしています。お茶飲み部屋では、私の母をはじめ、近所のお年寄りが集まっては〈オジャコノミ〉。しかし、その仲間たちも今はみんな魚町を離れてしまいました。

震災後、私の実家をすべてひきはらう時、隆男君をたずねました。ケヤキのそばには趣味の盆栽の鉢がたくさんならんでいました。震災後の話をあれこれと。ひとしきり話した後、じゃあ行くわ。またね。体に気をつけてねと握手。〈アキちゃんもね。また来てね〉とタカオちゃん。昨年9月のことです。

隆市君のブログ
2011年9月1日ブログ「最後の帰省」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あの木はけやきではありません。

実は銀杏の木です。毎年たくさんのぎんなんがなります。ちなみに今年は少なかったそうです。両脇には桜の木があります。今年の4月末に富士男兄と二人で車で帰りました。桜が満開でした。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示