FC2ブログ

暗くなるのが早い

最近は、仕事が忙しくブログ更新が遅れがちです。いまは午後5時半、外はすでに暗くなっています。そういえば朝のテレビで天達(あまたつ)さんが、今日は一年で一番早い日の入りの日だと言ってたな。

さて、最近の報道番組やニュースショーでよく見かけるのが、〈各党代表の生激論〉。あれだけ沢山の党派がありますから、しゃべる方も、聞く方も大変です。昨日も今日も、原子力発電所の今後のあり方について、各党代表が熱弁をふるっていました。というか、そのように見えました。音声のボリュームを下げたのです。なんか、やかましく聞こえてとても聞いていられないのです。

それと同時に、原発問題も大事だけれど、気仙沼をはじめ被災地復興のことを忘れてもらっちゃ困ると、いつも感じます。テレビ局も被災地の声をひろったりはしているのですが、なにかおざなりな感じ。東京の新橋駅前で街の声をひろうような感覚です。

以前にくらべると、気仙沼だけでなく被災地復興についての全国レベルでの報道が少なくなっているようにも感じます。〈忘れられていくのではないか〉というのは、被災地からよく聞かれる声ですが、その心配の気持ちがよくわかります。復興という言葉はほんの二文字ですが、それがどんなに大変でどんなに長い時間がかかるか、現地の人は身にしみて感じているからです。

それにしても、同年会翌日の11月4日に南三陸町から気仙沼にかけ、被災と復興の現状をみることができて本当によかった。同級生たちが、東京などから来た人たちにも復興の現状を見て欲しいと、バスでの視察の機会を設けた気持ちがよくわかります。

実際に自分の目でみていないとやっぱりね。そうでないと、今頃は私も、理屈で復興を語っていたかもしれません。仕事で頭が疲れているせいでしょう。どうしても、文章が悲観的というか暗くなってしまいます(笑)
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示