復興の空白地帯

きのう11月11日であれから1年8カ月。それもあってか、NHKテレビのニュースで「被災地に復興の〈空白地帯〉」というテーマをとりあげていました。番組予告にも出ていましたので視聴。

ニューズ映像

NHKテレビニュース(動画映像が見られます)

気仙沼の沿岸部南気仙沼地区は地盤沈下で冠水しておりかさ上げが必要ですが、国の補助事業が認められたのは一部の地域に限られ、復興のいわば〈空白地帯〉になっているのがわかった、というのです。

〈わかった〉って、それはNHKがということでしょうね。市の復興計画の地図を見れば一目瞭然。市民もどうなるんだと不安に思い、市も国になんとかして欲しいとお願いしている状態が今春から続いています。4月14日のブログにも書きました。

NHKニュースでは、気仙沼市の南気仙沼地区約100ヘクタールがかさ上げを必要としているが、国の補助の〈空白地帯〉は44%にものぼると伝えています。

1年8カ月が経つというのに。〈空白地帯〉は南気仙沼地区だけではないようです。

4月14日ブログ「南気仙沼の将来」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 防潮堤を勉強する会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示