FC2ブログ

三陸新報を読む

先日まで義母さんが身を寄せていたため、三陸新報を我が家に配送してもらい読んでおります。
私はこれまで、気仙沼の実家で読み終えた三陸新報を一週間分ぐらいまとめて送ってもらっておりました。

十年以上前からかな。3年前までは父の散歩ついで、そして震災前までは母が魚町の加幸前のポストに投函してくれてました。ですから結構、気仙沼事情に詳しいんです(笑)。いろいろ面白い連載もありましたからそのうち紹介しようと思っています。

同級生がたまに登場するんですよね。震災のほんの少し前には、新酒を味わう会の記事で澤井充君と吉越宏一君がうまそうに飲んでいる写真が紹介されていました。数ヶ月前には小山容子さんがカネシメイチ直伝のさんま寿司の作り方を解説しています。

3月11日以降の数週間は新聞配送が十分にできなかったためでしょうか、パソコンで無料で読むことができました。そのサービスは終了しましたが、4月からはデジタル版三陸新報として月1400円で読むことができるようになりました。

ためしにサイトをのぞいてみると「立ち読みする」機能がありました。
そのボタンを押すと、第1面の概要が見られます。拡大ほかの機能は使えないものの、見出しや広告などに「気仙沼の現在」を感じとることができます。

ちなみに昨日5月27日のトップ記事の見出しは「本当に“優先”なの~選考結果に不満の声、福祉事務所『厳正にしている』、憶測交じり疑心暗鬼」などの見出しがあります。仮設住宅の抽選についてでしょうね。なかなか大変だ。

残念ながら本文を読むことはできません。まあ、今日あたり届くでしょう。

4月1日からのバックナンバーも“立ち読み”できますから、一度のぞいてみてはいかがでしょう。

デジタル版三陸新報はここから
三陸新報のホームページはここ
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示