鹿折のヒマワリ2

8月21日のブログ「鹿折のヒマワリ」に〈「鹿中」は〈ししちゅう〉だろうか〈しかちゅう〉だろうか〉と書いたところ、〈ししちゅう〉であるとのコメントをいただきました。ありがとうございます。そして、ブログ「鹿折中学校31回生+m」の更新を担当しているアベ(旧姓)さんからも、拍手欄にコメントがありました。見にくい場所にありますので、ここに一部を再録します。

鹿折中学
ブログ「鹿折中学校31回生+m」のイメージ(クリックで拡大)

〈(ブログ名の)「m」は無限大・見守り隊・未来の頭文字に由来しています。縁とは誠に不思議なもので、オダさんと私は小野寺孝允先生の教え子という共通点があります。8月18日、浦島小学校の同窓会があり30数年振りに孝允先生にお会いしました。以前、こちらのブログで先生が撮影したお写真を掲載されていたので、その旨をお伝えしたところ、大変懐かしがられておりました〉

驚きました。孝允先生がお元気でいることを知り、アベさんに連絡先などをお教えいただけないかと連絡したところ、間もなく返信がありました。

〈孝允先生は、今年81歳になられたそうですが矍鑠(かくしゃく)としていらっしゃいました。昔話が弾むにつれ、往時を省み「こうあらねばならないという、自分の理想を押し付けるようなところがあった」とおっしゃっておりましたが、教え子を見つめる眼差しの優しさは当時と変わらず、私達も含め、オダさんのことをよく覚えていらっしゃったのには大変驚かされました〉

気仙沼小学校3年のときの担任であった小野寺孝允(こういん)先生。先生が撮影してくれたなつかしい写真を、このブログで「昭和の子供」として何度か紹介しました。しかし、鹿折中学と浦島小学校の縁から孝允先生につながるとは思ってもみませんでした。先生も81歳か。私が気小3年生、第2校舎で教えてもらったときには30歳ぐらいだったのですね。

さて、その後の鹿折のヒマワリ。「鹿中31回生+m」のブログをのぞいてみると、ヒマワリのシーズンは終わりを告げ、コスモスやマリーが可愛い花を咲かせています。10月14日は、ひまわり『お片付けの会』としてみんながまた集まるようです。

ブログ「鹿折中学校31回生+m」

華やかな花の季節が終わり、片付けが終わった同級生の家の跡地。その日、夕焼けがやたらにきれいすぎたりしたらどうしよう。泣いちゃうな、きっと。

鹿折のヒマワリは、鹿中31回生だけでなく、私と孝允先生との縁も50年ぶりにつないでくれました。ありがとう。

8月21日ブログ「鹿折のヒマワリ」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 鹿折中学 鹿折中学校31回生 小野寺孝允

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

小田さん、
ご紹介ありがとうございます。
私たちの「ひまわり」から少しずつ、つながりができていくのは、ほんとにうれしいです。

浦島小学校は鹿折小学校と統合が決定しています。浦島小学校の卒業生が当時の担任の先生と連絡を取って、ほぼ全員にあたる4人の先生とこの夏に再開できたそうです

私たちが失ったものは本当に大きかったのですが、失われなかったもの再び築いていけるものを大切にしていきたいと思っています。

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示