川島秀一さん4

気仙沼出身の民俗学者川島秀一さんの講演会が9月26日(水)にありますのでご紹介します。一般社団法人「気仙沼サポートビューロー(KSB)」が主催する第3回「KSB復興フォーラム」としての開催です。

KSBフォーラム_3 (クリックで拡大)

今回のテーマは、つぎのように記されています。

「なぜ気仙沼に人は住むのか。そしてどう暮らしてきたのか。風土の宿命である津波を先人たちはいかに乗り越えてきたのか。気仙沼の繁栄と独特といわれる「気仙沼人気質」はどう育まれてきたのか。歴史的、民俗的な観点から、風土に根ざしたこれからの復興の姿を考えます」

第3回KSB復興フォーラム
津波のまちに生きて〜歴史・民俗からみる気仙沼とその復興

講師:川島秀一氏(神奈川大学 日本常民文化研究所研究員)
日時:2012年9月26日(水)19:00〜21:00(開場18:30)
会場:東京しごとセンター 5階セミナー室(千代田区飯田橋3-10-3) 会場案内
会費:1000円(学生500円)
申込みは、Eメールにて(定員50名)forum@ksn-b.com 幹事・齋藤さんまで

同日21時30分より懇親会も開催されます。参加ご希望の方はメールに付記願います。
会場:飯田橋「桜蘭」会費4000円(学生2000円)


平日夜の開催ですが、お時間が許す方は是非ご参加ください。


5月24日ブログ「川島秀一さん」
5月25日ブログ「川島秀一さん2」
6月21日ブログ「川島秀一さん3」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 KSB復興フォーラム 川島秀一 津波のまちに生きて 気仙沼サポートビューロー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示