パトリックLVさん

ルイ・ヴィトン ジャパン社の「森は海の恋人運動」や三陸地方の牡蠣養殖などの復興支援については、昨年7月にも紹介しました。そして今年6月、ルイ・ヴィトンの5代目当主であるパトリック・ルイ・ヴィトンさんが、「森は海の恋人」の活動を続けてきた水山養殖場の畠山重篤(しげあつ)さんを表敬訪問しました。これは新聞などでも報じられたのでご覧になったことも多いことでしょう。

その様子が雑誌「WIRED(ワイアード)」のウェブ版に掲載されましたので紹介します。

ルイビトン WIREDサイトのイメージ
WIREDサイト(7月30日配信)

畠山さんは、フランスのブルターニュ地方を訪れたとき、「海は森とつながっている」という着想を得たそうです。


「25年ほど前、視察に行ったんです。中世から牡蠣の養殖をしている由緒ある場所ですから、一度訪れてみたいと思っていたんです。ロワール川流域をいろいろと見て回ったのですが、海はもちろんのこと、川の美しさや、その源流となる大森林地帯の豊かさに、むしろ目を奪われました。そのとき、『いい海というのは、森林と川と海が一体となってできるものなんだ』ということに、気づかされたんです」 


その着想が「森は海の恋人」の活動につながっていったのですね。詳しくは是非ワイアードのウェブサイトをご覧ください。持参した牡蠣用ナイフで手際よく殻をあける5代目当主の姿など、写真がたくさん紹介されています。

パトリックさん、ありがとうございました。
メルシー・ボクー(微笑)。

2011年7月25日ブログ「牡蠣とヴィトン」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 森は海の恋人 畠山重篤 ルイ・ヴィトン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示