fc2ブログ

ラーメンが結ぶ縁

本日紹介するのは、三陸新報の9月13日「タイムトラベル」です。このシリーズ記事は、20年前の同紙の記事を紹介するもの。つまり、2003年9月13日の同紙記事からのピックアップです。


タイムトラベル

三陸新報9月13日記事より


見出しは「おいしいラーメン早く〜研究会活動が本格化」。

この年/2003年に結成された気仙沼ラーメン研究会の活動が本格化してきたという話です。〈会議室から厨房に会場を移してスープを試作するなど、その熱意が表れ始めている〉とも。

この記事は、三陸新報2003年6月17日記事の続報ですね。6月の記事では、気仙沼コンベンションビューロー協議会が、地場産品を生かしたラーメン作りに取り組む「仮称・気仙沼ラーメン研究会」を創設することを紹介していました。気仙沼出身で、人気ラーメン店「ちばき屋」店主の千葉憲二さんがアドバイザーとして加わることなども。つぎのブログで紹介しました

6月23日ブログ「気仙沼ラーメン物語」

◎まるきの熊谷一政さん

気仙沼「中華そば まるき」の熊谷一政さんも、ラーメン研究会メンバーの一人でした。

6月23日のブログ更新を伝える私のツイート内容を引用して、熊谷さんがつぎのように投稿してくれました。

〈ちょうど20年。 2003年「ラーメン 座談会」があり、その後「気仙沼ラーメン研究会」発足。ラーメンの道に入るきっかけとなりました。 五福星早坂さんとの出会いは2011年4月9日、市民会館での炊き出しでした。ラーメンが人に与えるチカラを教えていただきました。 先人の蒔いた種が今実っています〉

7月17日にホテル観洋で気仙沼中学20回生の同年会が開かれたことはすでにお伝えしました。3年遅れの古稀祝い。

その翌日18日には、仙台で暮らす兄が車で気仙沼に来てくれました。そして2つの新しい橋や復興祈念公園をはじめ、市内をいろいろと回ってもらったのですが、その行き先のひとつが「まるき」さんです。

念願のまるきのラーメン。私は細麺の煮干し、兄は太麺。これがあのまるきのラーメンか。大満足でした。仙台で、早坂雅晶さんの五福星(うーふーしん)にも行くこともあるという兄も感心しておりました。

ちょうどよいタイミングがあって、厨房の熊谷さんに声をかけるとわざわざ出てきてくださって話をすることができました。そして写真も。

まるきにて


熊谷さんに気中20回生の同年会が前日にあったことを伝えると、千葉憲二さんも気中の同じ学年ですよねと。そして、〈千葉さんによろしくお伝えください〉と。上記のラーメン研究会などでの指導を踏まえてのことでしょう。なんか、とてもうれしかった。

もちろん帰京後に憲二君にLINEで伝言を伝えました。憲二君からの返信には「ありがとう!!」と。

熊谷さん、7月18日の煮干しラーメン、とってもおいしかった。ごちそうさまでした。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示