fc2ブログ

7年ぶりの「同年会」

気中20回生の同年会は7月17日、無事終了しました。遅くなりましたが、当日の様子をちょっとだけ紹介しましょう。本来であれば古稀祝いとして2年前に開催予定でしたがコロナの関係で今回の同年会開催となりました。

私は開催当日、東京から東北新幹線で一ノ関へ。大船渡線への乗り換え時に一緒になった同級生は私を含めて8名でした。

お昼ごろに会場のホテル観洋に行くと、もうみんなが集まっていました。私は3年8組の受付に。聞けば、クラス委員の小野寺龍一君が寸前に新型コロナの濃厚接触者ということになり急遽欠席になったと。いろいろと準備などで骨をおってくれた同級生がこれなくなるとは。残念。龍一君、いろいろとありがとうね。

同年会参加者は130名と聞きました。参考までに付け加えておくと1967年の気中卒業時生徒数は11クラスで473人でした。おどろいたのは物故者数です。会場到着時に配られた封筒のなかに物故者名簿もあったのですが2023年6月末現在で83名と記されていました。

7年前2016年の「あれから50年同年会」のときには61名でしたから7年で22名の方が亡くなったことになります。そうしたことが紹介されたあとにみなで黙祷しました。

開会の前に記念撮影がおこなわれています。前回は3グループにわけてでしたが、今回は2グループで。撮影はいつもと同じスタジオアートさん。故熊谷孝良君の息子さんが担当してくれました。

まずは撮影前のスナップを。係がいろいろと指示をするのですが、なかなか列が整いません。それを見てまたみんなが笑います。それがなかなかいい。中学生かよ。

1スナップ

何枚か撮影しましたが、最後はVサインで。

2 1グループ

つぎは2グループ目。私も列に加わりました。菊田裕美君に撮ってもらいました。前から4列目の左端でカメラ/裕美君をみているのが私です。

3 2グループ

正式なというかちゃんとした記念写真は参加者に後日送られてくると思います。お楽しみに。

同年会の開会後は、実行委員長臼井真人君の挨拶などがあって乾杯。あとは楽しく懇談という流れです。

今回、もっとも遠方から参加してくれたのは畠山誠太郎君でした。熊本県阿蘇市からということで挨拶をいただきました。そんな感じで、司会者から壇上に呼ばれてそれぞれの挨拶が続きました。

私は東京や関東近辺からの参加者ということで壇上に。裕美君の挨拶を撮りました。左端にうつっているのは田中(富永)優子さんです。こうした同年会にはじめて参加してくれのではないかと。横浜市から。お父さんは大洋漁業(まるは)の工場長をつとめていました。その優秀さはみなさんご存じのとおりです。中学卒業以来の再会でした。

4東京

裕美君の右側に千葉憲二君もうつっていますね。このあとに一言いただきました。

5憲二

仙台近辺の皆さんも。挨拶は小山達朗君です。左端で後姿になっているのは気中時代に応援団長をつとめた西條寛君。

6仙台

このあと、宴もたけなわといった14時30分ごろに登場したのが、7年前と同様の女性グループ。たしかAKBのナンバーを2〜3曲。センターをとるのはもちろん林(奥玉)小春さんです。

7ステージ

割り箸にお札をはさんだご祝儀〈お花〉をいただいて喜ぶレディス。ご苦労さまでした。いつもありがとう。

8お花

そしてまた懇談。ほかにも、千葉憲二君に歌ってもらったり、北野都さんの演歌にあわせ輪になっておどったり、校歌も。そして閉会の挨拶があって終了です。

◎2次会はカラオケ

2次会はホテル内のラウンジ「鯱(しゃち)」にて。簡単にいっちゃうとカラオケ大会です。この日の12時にホテルに着いて受付を済ますと小山謙一君が〈お願いがあるんだけど〉。聞けば2次会の司会進行をお願いしたいと。2次会がどんな感じなのかわからないけども、謙ちゃんから頼まれたらいやとはいえないよね。了解。

なかなか歌わないから、声をかけてステージに引っ張り出す役割かと思っていたら違いました。なんていうか〈みんな結構すき〉なんだよ。次から次へと。私は曲目を紹介したり、合いの手をいれたりという感じ。そっちが忙しくてあまり写真も撮らなかったのですが、一枚ご紹介。千葉憲二君と武山美加さんのデュエットです。

9カラオケ

興がのると踊り出す人がいます。こんな具合です。私も結構おどりました。ま、きらいじゃないというか。

10ダンス

2次会は90分ということでした。あっという間。この後は11クラスそれぞれが設定したお店に移動しての3次会でした。3年8組は南町の「マンボ」へ。

マンボで解散後は憲二君から誘われていた4組が集まる新町「ムーラン」。その後はまた南町に戻って熊谷武敏君のお兄さんの店「バレンタイン」へ。

7年ぶりの気中20回生の同年会。その夜はこうして更けていきました。

◎皆さまへの御礼

同年会、本当に楽しかった。各クラス委員/実行委員会の皆さん、そして〈祝いの舞〉や踊りなどに出演してくださった方々、懐かしい映像を準備してくれた人々、皆さんに心からの御礼を申し上げます。ありがとうございました。

◎参考ブログ

7年前の同年会については先日のブログにまとめました。

7月17日ブログ「2016年の同年会」

その2016年同年会の記念誌(写真アルバム)内容はつぎのブログにて。

2016年12月23日ブログ「同年会記念誌紹介」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 同年会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示