fc2ブログ

黒山島『茲山魚譜』

三陸新報での川島秀一さんによる不定期連載「島わたりの記」137回目は「黒山島(フクサンド)(韓国)」でした。記事タイトルは〈「茲山魚譜(チャサンオボ)」が生まれた島〉。6月2日と3日の上下2回にわけて掲載されました。

◎発酵食品「ホンオフェ」の印象

6月2日の記事(上)では、2016年8月の韓国訪問の様子が紹介されます。川島さんは金浦空港から木浦(モッポ)に行って泊まり、翌朝に船で黒山島に向かいました。

黒山島の名物は「ガンギエイ」です。日本では一般に「カスベ」と呼ばれる魚種とのこと。そしてガンギエイ料理「ホンオフェ」が紹介されます。エイを20日くらい低温で発酵させたもの。川島さんはその印象をつぎのように記しています。「口の中で便所が爆発して鼻から抜けるような感じ」だったと。川島さんの文章には、静かなユーモアを感じることがありますが、これもそのひとつでしょう。

◎古文献『茲山魚譜』

6月3日の記事(下)では、同島における捕鯨の歴史に関する話のあと、古文献『茲山魚譜』(チャサンオボ)が紹介されます。


6:3鮎貝房之進

三陸新報6月3日記事の一部イメージ


『茲山魚譜』に関する文章を引用します。

〈 この黒山島は、朝鮮の水産関係の古文献のなかでは一級資料とされる『茲山魚譜』が創られた島である。朝鮮時代の丁若銓(チョンヤックジョン)が、1801年の天主教弾圧事件により、黒山島で16年間、配流生活をしていたときに、近海の水産物について調査研究し、それを体系的にまとめた博物誌である。

この『茲山魚譜』を、1977年に初めて日本語に訳し出版したのは鄭文基(チョンムンギ)(1898〜1995)である。鄭が日本での留学を終え、朝鮮総督府水産課に勤務時代に、この文献を見せ、持ち帰って研究するようにと指導したのは、当時、ソウル南山(ナムサン)の麓に住んでいた、気仙沼出身の鮎貝房之進であった。その後、鄭は日本に渡り、渋沢敬三などとの交流を続けながら、ようやく戦後になって出版までこぎつけたわけである。〉(引用は以上)

「茲山(チャサン)」とは、黒山島のこと。鄭文基の『茲山魚譜』研究のきっかけをつくったのが鮎貝房之進だったのです。

◎落合直文の弟 鮎貝房之進

気仙沼の多くの人が知っていることとは思いますが、この鮎貝房之進(号は槐園/かいえん)は落合直文(鮎貝盛光)の弟です。古代朝鮮の歴史・民俗の研究で知られており、歌人でもありました。長兄は気仙沼町の初代町長や松岩村長などもつとめた鮎貝家13代目の鮎貝盛徳(号は松園)です。

私はこれまで、長男が鮎貝盛徳、次弟が落合直文(鮎貝盛光)、末弟が鮎貝房之進であるとブログに記してきました。実際のところ、そのように紹介されることが多いのです。しかし、『定本落合直文綜合歌集』(伊藤文隆編著)掲載の略系譜をみると、3兄弟の順番はあっているのですが、次弟や末弟の表現はちょっと違うかもしれません。盛徳と直文の間に鶴次郎がいますし、房之進のあとには3人の弟も。男女含めて10人兄弟姉妹なのです。このあたりの話はまたあらためて。

この『茲山魚譜』日本語訳本の出版に鮎貝房之進が関わっていたという話は、魚と縁の深い気仙沼出身者としてうれしいですね。秀一さんも同様でしょう。

◎映画『茲山魚譜 チャサンオボ』

『茲山魚譜』については、2021年にイ・ジュニク監督による同名の映画が公開されています。川島さんは、新宿と仙台で2度見たとのこと。名画だったと。

Amazonでの紹介記事には、つぎのように。「最果ての海には、幸せがあった 生きる意味を追い求めた二人の絆を、実話を基に描いた感動の物語」。

ほかのネット記事には、天才学者である丁若銓(チョンヤックジョン/チョン・ヤクチョン)と向学心旺盛な若き漁師チャンデの師弟関係を描いたドラマであるとも。





川島さんは上下2回の記事を、『茲山魚譜』に関するつぎの説明で結んでいます。

「黒山島へ島流しになった学者、丁若銓が、16年間をかけて、若き漁師の昌大から、聞き書き調査を行った集大成の書であった。」

読んでいて、丁若銓と民俗学者川島秀一のイメージが重なりました。

今週はこれにて。


1月19日ブログ「河北文化賞贈呈式」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 川島秀一

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示