コヤマ復活1周年

ロンドン五輪フェンシング男子フルーレ団体。準決勝、決勝、ともにすごかった。そして銀メダル! 千田健太選手、本当におめでとう。多くの気仙沼ゆかりの人が今日は睡眠不足のはず(笑)。この話はあらためて。

さて、おとつい8月4日は小山隆市君(3年6組)のコヤマ菓子店再開一周年。お店ではその記念フェアを開催しました。天候にも恵まれ多くのお客さまが訪れてくれたようです。

私などは〈もう1年も経ったのか。早いな〉と感じたのですが、隆市君にとってのこの1年は、単なる長短を超えた大変な日々だったろうと思います。隆市君は手術後の抗癌剤治療などをいまも続けており、その様子は彼の〈気仙沼ネットデリバリー〉のブログに闘病記としてつづられています。

いつもそれを読んでいて、もし自分だったらこのように書けるだろうかと思ってしまいます。そこに隆市君の気力というか精神力を感じるのです。

以前、このブログで〈ボーイスカウトや山岳部できたえた気力と体力でのりこえてくれるでしょう〉と書きました。隆市君は、気仙沼小学校そして中学校と通じてボーイスカウト、気仙沼高校では山岳部です。

石を詰めたキスリングを背負って山をのぼる訓練を〈ボッカ〉というんだと教えてくれたのも高校時代の隆市君でした。ウィキペディアで調べてみたら、ボッカは〈歩荷〉。「山岳のような体力的もしくは地勢的な難所において人間が背中に荷物を背負って徒歩で運搬することを言う」とありました。

気高山岳部でもそんな練習というかきつい訓練をしていたのでしょう。そのせいか卒業記念アルバムを見ると山岳部は2名。

山岳部
気仙沼高校卒業記念アルバム(1970年)より。右が小山隆市君、左が塩田君(クリックで拡大)
念のために申し添えれば、左端でにらみをきかしているというかガンをとばしているのは片岡来吉先生(笑)。


津波で流されてしまったコヤマ菓子店の2階の喫茶店は〈珈琲山荘〉。隆市君が海外登山したときの写真なども飾られていましたね。〈ボッカ〉で鍛えた気力と体力で、この難所を乗り越え、いつの日かまたあの〈珈琲山荘〉を。そして、あの美味しいコーヒーをまた。みんながそれを願っています。

隆ちゃん。コヤマ復活1周年、本当におめでとうございます。

6月28日ブログ 隆市君の「闘病記」
コヤマ菓子店ホームページ
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 コヤマ菓子店 珈琲山荘 小山隆市

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示