fc2ブログ

BRTの無人運転化

JR東日本は、気仙沼線BRT(バス高速輸送システム)の一部で始めた自動運転について、2024年の秋ごろを目標に無人運転の実現を目指すと発表しました。

東日本放送のTVニュースでもつぎのように報じています。4月5日の配信です。


このニュースによれば、気仙沼線BRTの自動運転は2022年12月5日から登米市の柳津駅と陸前横山駅間4.8kmの区間で始まりました。現在は乗務員が運転席に座り監視しながら運行するレベル2の段階ですが、2024年秋ごろを目標に無人運転が可能になるレベル4を目指すとのこと。ただし、レベル4への引き上げが認められた後も、当面の間は乗務員が乗って運行するということです。また、自動運転の区間についても陸前横山駅から南三陸町・志津川駅の手前まで延長し、計15.5kmとする方針が示されました。

朝日新聞や河北新報も同じニュースを伝えていましたが、地元紙三陸新報はつぎのように。


自動運転

三陸新報4月6日記事の一部イメージ


4月4日付けのJR東日本ニュースリリースでは、「2024年秋頃までに現在のレベル2から日本初の60km/hでのレベル4に引き上げていくことを目指します」としています。この「日本初」という語句が東日本放送のニュースでも三陸新報の記事にもありませんでした。

2023年4月4日付けJR東日本ニュース

レベル4への引き上げそのものが日本初なのか、60km/hという速度条件が日本初なのかがあいまいだったからでしょうか。たぶん前者でしょう。日本初のレベル4/BRTを目指すということかと。

BRTではなくて鉄路復活を願う声が地元にあることも承知しております。また有人運転から無人運転への移行にあたっても、有人運転のほうが安心との声もあがるでしょう。

しかし、その実現を望むのは現実的ではないと思います。民間企業であるJR東日本として採算のとれる計画にできるとは思えないのです。

少子・高齢化をはじめ、気仙沼をめぐる経済環境はなかなかに厳しいものがあります。実験とか実験場というとネガティブなイメージもあるかもしれませんが、気仙沼がいろんな意味で〈生き残る〉ためには、そうしたチャレンジングな試みも求められるのではないかと。

そんな思いのなかで、JR東日本のニュースリリースにあった「日本初」という言葉が強く印象にのこりました。

昨年12月の一部区間自動運転開始についてはつぎのブログにて。

2022年12月7日ブログ「BRT自動運転バス」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : JR東日本BRT無人運転

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示