「こだのはま」?

気仙沼・大島の「小田の浜」が21日(土)に海開き。その様子はNHKやTBSなどテレビでも紹介されました。そのニュースを見てというか聞いて、アレッと思った人も多いのではないでしょうか。〈おだのはま〉がいつから〈こだのはま〉に? 先週の朝日新聞の記事でも、わざわざ〈こだのはま〉とルビをふっていました。


TBS news iの公開ニュース映像(配信終了)

私たちにとっては小さいころから、あくまで〈おだのはま〉。しかし、たしか3~4年前に、この浜の名の読み方についての新聞記事を読んだ記憶があります。地元でも〈おだのはま〉の呼ぶ人が多いが、本来は〈こだのはま〉と呼ぶのが正しいという説の紹介です。

大島のことは〈宮古屋〉に聞け、ということで気高同級生の熊谷雅裕君に電話。つぎのことを話してくれました。

「自分だって〈おだのはま〉と呼んでいたよ。まぢのひとと同じく(笑)。ただ、あの浜のあたりは〈小田中山(こだなかやま)〉という屋号で呼ばれる旧い家の土地だった。今でも住所地名は〈中山〉。その〈小田さんの浜〉ということで〈小田の浜〉だったわけさ。そうしたことがあるもんだから、年寄りは〈こだのはま〉と呼んでいたんだろうね。しかし、なまった発音だから、〈こ〉でも〈お〉でもなく、その中間あたりといった感じだけどなあ」

なるほどね。さらにネットで調べてみると、この〈こだのはま〉への流れを決定づけたお役所の文書がありました。小田の浜は、2006年に環境省による「快水浴場百選」の特選に選ばれましたが、そのときの報道資料に「こだのはま」とルビがふってあります。最近の報道での呼称は、これをベースにしているのでしょう。

しかし〈こだのはま〉と呼ばれると、小さなころに泳いだあの浜の感じはしませんね。
私はこれまでも、そしてこれからも〈おだのはま〉です(笑)。

2011年7月21日ブログ「浜辺のエレキ」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 小田の浜 快水浴場百選

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示