fc2ブログ

福田憲二の「象嵌」

1月6日の三陸新報に掲載された骨董展「車屋」さんの広告に気仙沼の陶芸家、福田憲二さんの作品が紹介されていました。

福田憲二
三陸新報1月6日掲載広告より


広告には「共箱」と記されていますが、これが作品名とは思えません。あくまで作家の署名・捺印のある箱ありということだと思います。余計なことですが念のため。

福田憲二さんは、気仙沼小・中・高校の一年先輩です。気中19回生。気高では私も属していた美術部でしたからよく知っています。石膏デッサンなども巧みで、レンブラントの作品を思わせる光と陰影が際立つ油絵が印象に残っています。

◎福田さんの略歴

ネット上にK-NET/気仙沼ケーブルネットワークを利用した作家紹介サイト「福田憲二 象嵌の世界」がありました。福田さんとこのサイトとの関係がよくわかりませんが、作家紹介や作品紹介もありました。

福田は気高卒業後、東京の和光大学に進みました。上記サイトの「作者紹介」によれば、人文学部芸術学専攻です。略歴はつぎのように続きます。

1975年 栃木県益子(ましこ)にて陶芸研究
1976年 宮城県気仙沼市に築窯
1977年 加守田章二(かもだしょうじ)氏に師事

加守田章二さんは陶芸に関心のある方ならみなご存じでしょう。1977年当時、加守田さんは岩手県遠野市で作陶していますので、福田さんは気仙沼から遠野にでかけていって指導を受けていたのでしょうか。

その後、陶芸展や工芸展などに出品し入選が続きます。

高校卒業後、東京で福田さんに会ったことが1度だけありました。10数年前の気仙沼高校関東同窓会の懇親会です。東京での展覧会かなにかの機会だったのでしょうか。

そのときに、加守田章二さんに師事しているという話を聞きました。そして自分はいま病をもっているとも。ガンを患っていることを聞いておどろきました。その後、福田さんが亡くなったと知ったのはいつのことだったか。上記サイトの略歴の冒頭に「福田憲二(1950〜2008)」との記載がありました。2008年に亡くなったのかもしれません。

福田さんの陶芸作品は象嵌(ぞうがん)技法が特徴的です。異なる土を埋め込んで文様、模様をつくります。以前、内湾「エースポート」があったとき、その2階に地元陶芸作家の作品が展示されており、福田さん作の壺が置かれていました。たしか幾何学的な文様が象嵌された作品でした。「車屋」さんの広告にある作品とはちょっと違う印象。

◎福田さんの作陶教室

福田憲二さんは、気仙沼で作陶教室もおこなっていました。私の母も通っていたことがありま、以前に母がつくった皿をほめたら、福田さんが最後に整えてくれるからねと笑っていました。その〈遺作〉のいくつかは今も我が家の食卓に登場します。

そのひとつ、直系20cmほどの縁高の皿には、草花文の(ような)象嵌(のような)跡が残っています。つまり、福田先生の影響が色濃い「作品」です(笑)


「車屋」さんの広告は、福田さんのことをいろいろと思い出させてくれました。そしていま、〈作者〉が亡くなっても〈作品〉は残るということを実感しています。

 
なお、広告の左側に白石隆一さんの「三陸の魚」も紹介されていますが、これは以前の広告にも掲載されていました。つぎのブログで紹介しております。ご参考まで。

2022年11月17日ブログ「白石隆一作品2点」


(2/4追記)上記ブログ投稿の翌日2月4日の三陸新報にも「車屋」さんの広告が掲載されていました。そこにも福田さんの皿が。

車屋2:4
三陸新報2月4日掲載広告より


右には本田鼎雪(ていせつ)さんの絵画も。魚をよく描いた鼎雪さんの「樹」。鼎雪さんについてはつぎのブログでも。

2020年5月25日ブログ 鼎雪の「渾身の鰹」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 福田憲二車屋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示