ふたつの決勝大会

以前にこのブログで紹介したふたつの話題の続報です。

ひとつめは軟式野球。6月13日に、県高校軟式野球春季大会での気仙沼高校の6年ぶり10回目の優勝をお伝えしましたが、それに続く朗報!

全国高校軟式野球選手権大会の宮城大会で気仙沼高校が優勝しました。19日に松島で行われた決勝で、仙台商業に10対3で勝ちました。26年ぶり3回目の優勝とのこと。今月28、29日に山形県で開かれる南東北大会に出場します。気高軟式野球部の皆さん、がんばりましたね。おめでとうございます。全国大会出場をめざして、南東北大会での活躍も楽しみにしています。

もうひとつの決勝大会は、先週土曜日21日に気仙沼市民会館で開催された「社会イノベーター公志園」。河北新報によれば、全国から選ばれた7名が様々な社会的活動を発表。選考の結果、「宅配便ネットワークを活用して高齢者の孤独死を防ぐ見守り事業」を発案したヤマト運輸岩手主管支店の松本まゆみさんが、代表受賞者に選ばれたそうです。

私は当日、ユーストリームの中継映像をちょっとだけ見ていたのですが、拍手の音がちょっと小さいような感じを受け〈気仙沼の人があまり集まっていないのではないか〉と心配しておりました。しかし、河北の記事の〈聴衆約1000人〉という数字を目にして、ホッとしました。市民会館の大ホールは約1200人収容です。

河北新報の関連記事

この「社会イノベーター公志園」決勝大会には16名が出場と公式サイトにあり、このブログでもそのように紹介しましたが、河北の記事によると16人の全国大会出場者を20日の「最終相互支援会」で7人に絞り込んだとのことです。ここに訂正しておきます。翌日のTUBEのライブの様子も、ネットにあがった写真でみましたが、かなりの人が集まっていたようでなによりでした。

ふたつの決勝大会。そこにいたるまでの皆さんの努力はハンパなものではなかったでしょう。そのたゆまぬ努力と大きな成果に盛大な拍手を。

6月13日ブログ「三陸の王者」
7月12日ブログ 「公志園」決勝大会
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 全国高校軟式野球選手権 社会イノベーター公志園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示