fc2ブログ

おかえり寄席2023

昨年に続き、今年も「おかえり寄席気仙沼 志の輔独演会」が3月18日・19日に開催されます。1月5日に前売りが開始されました。


独演会

このポスター画像は、公式「おかえり気仙沼」Facebookより拝借しました。イラストレーションはおなじみのサユミさんです。


◎おかえり寄席気仙沼 志の輔独演会

日時:
3/18(土)開場15:30 開演16:00
3/19(日)開場13:00 開演13:30
会場:気仙沼中央公民館 ホール
料金:全席指定(前売り)4,500円

チケット販売は、e+(イープラス)利用と「海の市」2階 気仙沼市観光協会にて。当日販売はありません。

立川志の輔師匠の気仙沼での落語会は、私の計算では震災後7度目になると思います。昨年1月5日ブログでの紹介内容に今回分を加えて以下にまとめました。

◎志の輔師匠の落語会

まずは初回、「気仙沼さんま寄席」が気仙沼さんま寄席実行委員会の主催でおこなわれたのは2012年3月25日のことでした。気仙沼の有志メンバーを糸井重里さんはじめ、ほぼ日の皆さんがバックアップしてくださいました。

「気仙沼さんま寄席」は、「目黒のさんま祭」のさんま代を稼ぐことを目的に始まりました。その成果としての〈さんま代〉は第1回が348万9597円、2013年の第2回が465万1068円、2014年は会場の市民会館が改修工事中でお休み。そして2015年5月30日におこなわれた第3回目は297万853円でした。開催の趣旨に賛同して遠くからも多くの方が気仙沼を訪れてくださいました。本当にありがとうございます。

これに続く師匠の落語会が「志の輔らくご in 気仙沼」です。初回が2016年9月8日。主催はTBC東北放送/気仙沼さんま寄席実行委員会。共催が気仙沼市/気仙沼市教育委員会。そして目黒のさんま祭気仙沼実行委員会/気仙沼つばき会/シノフィス/ほぼ日刊イトイ新聞の皆さんが協力してくださいました。この落語会の2回目が2019年9月7日に開催されています。

そして、6度目が2022年3月12日13日の〈おかえり寄席気仙沼 志の輔独演会〉でした。主催は気仙沼つばき会/おかえり気仙沼実行委員会、共催が気仙沼市/目黒のさんま祭気仙沼実行委員会。会場は、2021年12月1日にグランドオープンした気仙沼中央公民館でした。今回も同じです。

昨年のおかえり寄席気仙沼でも、ほぼ日の皆さんの協力がありました。おかえり寄席を含む3月10日からの気仙沼での4日間をテキスト中継も。

気仙沼からテキスト中継:
ほぼ日編集部 いま、気仙沼にいます。

このテキスト中継3月13日18:25の最終投稿は、「気仙沼においでよ2022」映像でした。矢野顕子さんが歌う「気仙沼においでよ」にのせておかえり寄席を含む気仙沼での4日間が紹介される2分18秒の動画です。





気仙沼つばき会の皆さんをはじめ、あの人もこの人も、皆さんご存じの方々が登場していますね。

そして迎える今年3月の〈おかえり寄席気仙沼〉です。昨年に続く2回目といってよいのでしょう。

本年3月11日の翌週、3月18日・19日2日間は志の輔師匠の独演会。どうぞよろしく。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : おかえり寄席立川志の輔

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示