fc2ブログ

門馬亨君の27回忌

きのう1月17日に仙台在住の吉野信雄君(3年1組)からメールをもらいました。16日に気仙沼に行き、吉野家の菩提寺である少林寺に挨拶してきたとのこと。昼には気仙沼の新京本郷店で食事し、命日には2日早かったけれど門馬家の仏壇で拝んできたといいます。

そうなんです。1月18日は門馬亨(とおる)君(3年11組)の命日です。1997年1月18日、満45歳。26年経ちました。つまり27回忌。吉野君のメール件名にも「門馬亨君27回忌のこと」とありました。

新京本郷店は、亨君の兄、束(つかさ)さんが経営しており、亨君が手伝っていたときもありましたね。束さんの奥さんが〈エック〉こと門馬(千葉)恵久子さん(3年1組)です。束さんが亡くなった後、息子さんが継いでいます。

吉野君のメールには〈恵久ちゃんとは、門馬君との中学時代の思い出や、遊びに行ったときに御馳走になったタンメン(新京麺)のことなど話してきました〉とありました。このときの〈新京〉は南町のバンガードの隣にあった〈新京〉ですね。店の裏側が自宅になっていました。

門馬君の思い出はつぎのブログに記しました。

2012年1月21日ブログ「門馬亨君の思い出」

亨君の気仙沼高校時代の写真を紹介しましょう。気高の卒業アルバムにのっている剣道部3名の写真。中央が門馬君です。


剣道部

気仙沼高校昭和44年度卒業記念アルバムより


左は〈大島宮古屋〉熊谷雅裕君、右は斎藤恒四郎君(3年6組)、前列中央は生物担当で剣道部顧問の村田善一先生です。

このブログで、同級生の命日についてその都度お知らせすることはしていないのですが、門馬君について記すと思い出すのは「コヤマ菓子店」の隆ちゃん/小山隆市君(3年6組)のことです。先週土曜日が命日でした。2013年1月14日。ちょうど10年経ちますね。

2013年1月18日ブログ「隆市君葬儀 報告」

吉野君のメールをきっかけに、親しかったお二人をしのぶことができました。信雄君、ありがとう。

あらためて門馬亨君と小山隆市君のご冥福を祈りつつ。合掌
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 門馬亨小山隆市

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

良い色に焼けているじゃないか

2年下の常楽です。先輩が怖いので、ペンネームにさせて頂いております。

その昔、気高剣道部では唐桑の旧小原木中学校で夏合宿を行っていたそうです。
暑い夏、剣道部のキャプテンは(ここでは仮にS少年とします)伝統的な稽古に飽き足らず、一人合宿を抜け出して近くの海へ、海水浴トレーニングに行きました。そこへ仕事をさぼって後輩をイジメに来たOB‥‥もとい、お仕事がお忙しい中、時間をやりくりしてかわいい後輩を激励しに来たOBが急に来たのでたまりません。
彼が海水浴トレーニングから帰ると、OBはすっかり喜んで、「なかなか良い色に焼けているじゃないか」「近代的トレーニングも大変結構だが、本来の稽古もほんの少しだけやろうじゃないか」等と言ったかどうかは分かりませんが、面をつけ、OBがそれはそれは、親切、丁寧に、それこそ、頭のてっぺんから足の爪先まで、S少年が、ピクリとも動けないほど、とても、とても、とってもかわいがってあげたそうです。

S少年は身長が180センチを軽く超え髪も油でビシッと決め、女の子にもとてもモテそうなナイスな小年だったそうです。多分、今もお元気で頑張っていらっしゃるのではないでしょうか。

ある人から、お聞きした話です。
プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示