fc2ブログ

高山登の教え子達

宮城教育大教授、東京芸術大教授などを務めた美術家の高山登(たかやま・のぼる)さんが1月8日に肺がんのため仙台市の病院で死去しました。1月9日の河北新報オンライン記事がつぎのように報じています。



高山登さんと気仙沼にどんな関係があるのかと思われるかもしれませんが、皆さんもよく知る気仙沼のお二人が宮城教育大で高山さんの教え子だったのです。2015年8月14日ブログにそのことについて書いております。少し長いのですが再掲いたします。


2015年8月14日ブログ再掲

高山登の教え子達

雑誌『美術手帖』(2015年)6月号で、美術批評家の椹木野衣(さわらぎ・のい)さんが〈リアス・アーク美術館〉について書いています。椹木さんの連載『後美術論(ごびじゅつろん)』の第2部・流浪編の第6回〈事物としての「もの」から 未然の「ものもの」へと〉で、その内容は20頁にもわたります。7月にその掲載を知り読んではいたものの、なかなか紹介が難しく本日になってしまいました。

椹木さんは、震災後の2011年そして2013年6月に気仙沼を訪れています。いずれもリアス・アーク美術館の学芸員である山内宏泰(やまうち・ひろやす)さんを訪ねてのこと。

この評論で椹木さんは、同美術館の「東日本大震災の記録と津波の災害史」展の内容を紹介していきます。ときに広島の平和記念資料館や原爆死没者慰霊碑などについて触れながら。そして、展示被災物に付された山内学芸員によるキャプションについて考察しながら、〈かつての「もの派」による物語性、主観性を排除した「世界との出会い」にも接する問題が、ようやく、ここで芽生える〉と記します。

後美術論1
冒頭見開き頁/左下の写真 右はリアス・アーク美術館展示、左は広島平和記念資料館展示


「もの派」は、1960年代末から70年代初頭に現れた日本の現代美術の大きな流れをつくった美術作家たちやその表現とされます。素材をあまり加工せず、あくまで〈もの〉として見るものの前に提示するみたいな(と書きながら自分でもよくわかっていないのですが/笑)。

椹木さんは、〈被災物には、「もの派」における「もの」のような一回性、唯一性が存立しえない〉といいます。〈これらの展示や創作は、繰り返される運命にある「ものもの」として未来へと突き出されて〉いるとも。そして、〈私には、その展示の総体が、「山内宏泰」という美術家の作品に見えたのである〉。さらには、彼の師匠筋にあたる美術家、高山登の影をみたと続けます。椹木さんは、2010年に仙台で開催された高山登展「300本の枕木―呼吸する空間」の展示を思い起こし、リアス・アーク美術館の被災物のイメージを重ね合わせたのです。

2_20150814115649b65.jpg
左頁下の写真 上2点は高山登展、下2点はリアス・アーク美術館展示


私が驚いたのはここからです。山内宏泰さんは、〈東京藝大を出たあと、「もの派」としての10年ほどの作家活動を経て、やがて1981年から宮城教育大学の教員となった〉高山登さんの教え子だったのです。調べてみると、2010年の高山登展に合わせて開催された、高山登に学んだ作家有志によるグループ展「反響する星々」の参加作家のなかに山内さんの名もありました。

さらに驚いたことがあります。同展への参加作家17名のなかに、斉藤道有さんの名があったのです。宮教大の美術の出身であることは存じておりましたが、〈もの派〉高山登さんの教えを得ていたとは知りませんでした。

斉藤道有さんは仙台で美術家として活動してきましたが、震災後に気仙沼市八日町の実家〈齊藤茶舗〉に戻り、地元の若者を中心に気仙沼の町を楽しみながら元気にする活動〈気楽会〉メンバーのひとりとしても活動しています。また2012年から毎年、「3月11日からのヒカリ」プロジェクトの実行委員長や、「東北ツリーハウス観光協会」の代表理事もつとめています。

今回、道有さんと高山登さんの関係を知ったことで、震災後の毎年3月11日に気仙沼の内湾にたちあがる3本の光や東北で100棟の建設をめざすツリーハウスが、あえて〈作品〉とは言いませんが、彼の表現活動のひとつに思えてくるのです。

高山登さんの薫陶を得た山内宏泰さんと斉藤道有さんのおふたりが、気仙沼の地でそれぞれの表現の場を得て活動していることに、あらためて感慨をおぼえます。

なお、高山登さんは、退任記念展を経て東京藝大を退官後に制作の拠点となるはずだった気仙沼市本吉町のアトリエを、津波によって流されています。

最後になりましたが、リアス・アーク美術館の展示についての深い考察を、長文の論評としてまとめてくださった椹木野衣さんに心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。


再掲内容は以上です。山内宏泰さんと斉藤道有さんを通じての高山登さんと気仙沼のご縁をご理解いただけたと思います。

私が訃報記事を見ておどろいたのは高山さんが78歳だったことです。私たち気中20回生が70〜71歳ということを考えると、まだまだお若いのにと。

山内宏泰さんと斉藤道有さんのツイートで、おふたりとも1月10日に仙台に向かったことを知りました。お通夜。学友との旧交をあたためつつ恩師高山登さんを偲ぶ、せつない新年会だったことでしょう。合掌

通夜、葬儀に参列した山内宏泰さんの1月11日のツイートはこちらから。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 高山登

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示