fc2ブログ

ふるさと納税30億

12月17日の三陸新報1面トップ記事は、「ふるさと納税30億円突破」。気仙沼市へのふるさと納税の本年度寄付金が30億円を突破したそうです。過去最高だった昨年度実績(14億3000万円)の倍以上とのこと。


ふるさと納税

三陸新報12月17日記事の一部イメージ


記事によれば、12月15日現在の寄付額は約32億円。市は、残り2週間で10億円以上の寄付を見込めるとし、最終的には昨年の3倍以上の40億円台になるとみているそうです。昨年度/2021年度のふるさと納税実績については、つぎのブログで紹介しました。

2022年1月20日ブログ「急伸 ふるさと納税」

昨年2021年度の寄付額実績は14億3000万円です。その前年度/2020年度実績は4億5700万円。1月20日のブログで紹介した三陸新報1月16日記事中のグラフを再掲します。


グラフ
三陸新報1月16日記事より



このグラフの2021年度数字は2021年12月末現在です。2022年度が40億円台ということになれば、グラフのスケール感もかなり違ってきますね。

気仙沼市が、外部民間企業のふるさと納税サイト利用を開始したのは2016年のこと。つぎのブログで紹介しました。

2016年10月10日ブログ「新・ふるさと納税」

2016年10月からJTB西日本に委託して同社のふるさと納税サイト「ふるぽ」を利用できるようにしたのです。この2016年度目標は1億8千万円でした。それから6年。今や寄付金総額40億円台も見えてきたというのですから驚きです。

2016年のふるさと納税サイト「ふるぽ」利用開始に対して、安くはない手数料まで払って外部に委託する必要があるのかという疑問の声が新聞紙上で紹介されていたこともありました。それも今となってみれば〈なつかしい思い出〉ということかもしれません。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : ふるさと納税

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示