fc2ブログ

サンドの寄贈トイレ

サンドウィッチマン(伊達みきおさん、富澤たけしさん)が発起人となり開設された「東北魂義援金」から、気仙沼市にけん引車で移動可能な「トイレトレーラー」が寄贈されました。米国製で約2300万円とのこと。

12月6日には設置基地となる安波山の中腹で、サンドのおふたりをお招きしてのお披露目の式がおこなわれました。その様子が東北放送、仙台放送、東日本放送の各局TVニュースで紹介されましたので、各局のツイートで紹介します。

(Yahoo!ニュース配信終了)

(Yahoo!ニュース配信終了)


ニュース映像を見てもらえばわかりますが、サンドウィッチマンさんのトレーラー紹介はちょっとしたコントになっています。笑えます。ギャランティーが必要になるのではないかと。なお、気仙沼市からは感謝状がおくられました。

サンドウィッチマンさんが話のなかで強調していたのは、このトイレトレーラー寄贈が自分たちからの寄贈ではなく、あくまで全国から寄せられた義援金によるものであるということ。聞いていて、実にこのお二人らしいなと。

トイレトレーラーは来春から安波山の中腹駐車場に置かれ、市の屋外イベントや被災地への派遣などでの活用も想定しているそうです。

お披露目のあった6日は気仙沼で初雪がふりました。サンドのお二人は気仙沼で収録中だった2011年3月11日、安波山に避難したときのことを思い出したことでしょう。伊達みきおさんはご自身のブログで〈奇しくも、あの日と全く同じような雪が降る中、我々が実際に避難した高台(安波山)にて、贈呈式がありました〉と記しています。

「東北魂義援金」は、市の記者発表資料によれば、東日本大震災で大きな被害を受けた被災者を支援するために 2011年3月16日に開設され、これまでに総額5億円を超える義援金を被災地に寄せているとのことです。東日本放送によると、そのうち宮城には1億7000万円以上にのぼります。

伊達さん、富澤さん、いつもありがとうございます。心から御礼を申し上げます。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示