気高同窓会報告

14日(土)、気仙沼高校関東同窓会が九段下のホテルグランドパレスで開催されました。130~140名が参加しました。私たち気中20回生は旧気高22回生と旧鼎が浦高校21回生となり、けせもい会の同年生10名近くが参集しました。臼井真人(まこと)君(3年2組)は、気仙沼市議会議長として招かれての出席。挨拶では、気仙沼の復興状況を話し、支援へのお礼を述べていました。

この4月ごろに一時入院していた唐桑中出身〈イオン〉の村上教行君が元気な顔を見せてくれたのはなによりでした。その入院・手術のようすを、相変わらずのことながらおもしろおかしく話してくれました。他人ごとではありませんね。みなさん、健康診断や日頃の健康管理、きちんとやりましょう。そういう年なんだからさ。

4時から私たちは新橋の別会場に移動。ま、2次会ですね。遅れてここから参加してくれた人がいましたので、20名近くでしょうか。この春に東京から仙台に転居した小山達朗君(9組)もわざわざ上京し駆けつけてくれました。仙台での新しい暮らしにも慣れて、元気な様子でした。千葉憲二君(4組)も来てくれました。〈かもめ食堂は、気仙沼でのスタートが困難となり、ラーメン博物館でのスタートとなったが、2年後までには必ず気仙沼で復活させたい。そうでないと「詐欺師」になっちまう〉と力をこめていました。

臼井真人君からは、復興の現状や市民の様々な意見・要望の様子など率直な話を聞くことができました。なかなか難しい役割と立場ですが、とにかくがんばって欲しいと皆で激励。真君はこの日、気仙沼に戻っていきました。

このあとは、憲二君の店、銀座〈喜いち〉に流れてから散会。気仙沼の被災や復興の話はもちろんのことですが、久しぶりの同級生との顔や話に触れることができて楽しい夜となりました。

同窓会の関係者の皆様、いつもながら、催しの準備や当日のお世話、ありがとうございました。お礼申し上げます。


私は当日カメラを持参せず、写真を紹介できませんが、気高33回生のスポーツライター大友信彦さんや、鼎が浦30回生で「気仙沼を元気にする会」の実行委員長でもあるオヤマさんのブログに同窓会の様子と写真が掲載されていました。ぜひご覧ください。

大友信彦さんのブログ「ツール・ド・ラグビー」
オヤマさんのブログ「オヤマ日記飴」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 同窓会 気仙沼高校関東同窓会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示