fc2ブログ

豊清丸中舘漁労長

8月7日の気仙沼みなとまつりでは、「さんま船集魚灯披露」がおこなわれました。昨年2021年の第69回は海上行事に限定しての開催で集魚灯披露はなし。2020年はまつり全体が中止。つまり、この集魚灯披露は2019年の第68回以来3年ぶりのこととなりました。

「さんま船集魚灯披露」は、大型サンマ棒受け網船が使用する集魚灯照明を披露するものです。今回も第81豊清丸さんのご協力で、港町岸壁でおこなわれました。

第81豊清丸の漁労長は中舘(なかだて)捷夫さんです。8月4日の三陸新報にも中舘さんの姿がありました。


8:4さんま船団

三陸新報8月4日記事の一部イメージ


第81豊清丸さんをはじめとするサンマ船団の皆さんは、今年もみなとまつりの打ち上げ花火に寄付金41万円を届けてくださったのです。

記事によれば中舘漁労長の呼びかけで、宮城、根室、福島の船団など41隻が協力してくださいました。このサンマ船の皆さんからの寄付を以前も紹介したことがあります。つぎのブログです。

2018年8月1日ブログ「サンマ船のご協力」

この4年前のブログでは〈「第81豊清丸」漁労長の中舘捷夫さんが声をかけて、宮城船団13隻、根室船団16隻、福島船団2隻の計31隻の各漁労長から寄せられた〉と記していました。宮城や福島よりも、根室のサンマ船が多いのですね。

8月4日の三陸新報記事によれば中舘さんはいま80歳。こうして今も現役の漁労長として、第81豊清丸のサンマ漁を率いていることに驚かされます。なお、中舘さんのお名前の〈捷夫〉は〈かつお〉さんとお読みします。4年前のブログにも記しましたが、念のため。

◎サンマ船団の出船おくり

本日8月17日午前10時半から、気仙沼市魚浜町のコの字岸壁と港町出港岸壁で「気仙沼つばき会」による大型サンマ漁船一斉出港「出船おくり」がおこなわれました。

気仙沼つばき会さんの8月10日付け記者発表資料によれば、出港予定はつぎの各船です。

第81豊清丸、第63幸漁丸、第8千代丸、第68福神丸、第3太喜丸、第5太喜丸、第8太喜丸、第1恵比寿丸、第15庄光丸、第28安洋丸、第11光洋丸

第81豊清丸の中舘さんをはじめ大型サンマ船団各船漁労長の皆さま、今年も気仙沼みなとまつりへのご支援、ありがとうございました。今季サンマ漁の航海安全と大漁を願っております。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 豊清丸中舘漁労長みなとまつり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/70~71歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示