fc2ブログ

モンスタークレーン

土曜夜放送のNHK「有吉のお金発見!突撃カネオくん」をいつも楽しく見ています。MCの有吉さんはもちろんですが、キャラクター「カネオくん」のしゃべりを担当する千鳥のノブさんのトークもほんと面白いしうまい。台本もよくできているのでしょうね。

この番組の7月23日放送回で、気仙沼大島大橋の架橋工事映像が流れましたので紹介します。番組テーマは「重機!重機!重機!モンスター重機に迫る!」でした。

さまざまなモンスター重機のひとつとして紹介されたのは、深田サルベージ建設(株)のクレーン船「武蔵」。最大3700トンを吊り下げることができるといいます。建造費は50億円くらいかかったとか。

そうしたクレーン船の仕事として、2017年の気仙沼大島大橋の架橋工事映像が紹介されたのです。全長228mの橋をわずか1日でかけたと。放送画面を4画像で紹介します。


武蔵

橋クレーン船

大島大橋

228m.jpg


映像の流れでいうと、気仙沼大島大橋の工事をクレーン船「武蔵」がおこなったように思った方も多いのではないかと。しかし違うのです。大島大橋の工事を担当したのは深田サルベージの別のクレーン船「富士」です。同船は3000トンクレーン船。番組の説明を聞き直してみると、大島大橋を「武蔵」が担当したとは言っておらず、あくまでこうした大型クレーン船の工事例として紹介しています。ちょっと微妙というか曖昧な感じがありました。

クレーン船「富士」は、気仙沼大島大橋だけでなく、気仙沼湾横断橋の工事にも参加しました。2019年5月の横断橋主塔架設についてつぎのブログで紹介しております。

2019年5月13日ブログ「気仙沼湾ブリッジ」


◎被災船の撤去にも従事

クレーン船「富士」が、東日本大震災時に岸に打ち上げられた船舶の撤去や復旧に尽力してくれたことをご存じでしょうか。

NHK『おかえりモネ』で、「富士」による気仙沼大島大橋の架設時の様子が紹介されたことを伝える深田サルベージのニュース記事につぎの記述がありました。

〈気仙沼大島大橋架設工事は、東日本大震災発生後、気仙沼漁港に打ち上げられた漁船等の救助・撤去作業を行っていた「富士」が、震災で孤立した大島と気仙沼を結ぶ橋を架けるため再び気仙沼で作業をすることになり、当社としても大変意義深い工事でした。〉(引用は以上)

被災船の撤去に尽力した「富士」が、復興の象徴のひとつともなった気仙沼大島大橋の架橋もてがけていたわけです。

この被災船撤去に従事してくださった深田サルベージ平信雄さんが、2014年3月の沖ノ鳥島の港湾係留施設現場での事故でお亡くなりになったことはつぎのブログで紹介しました。

2014年4月10日ブログ「沖ノ鳥島での事故」

巨大クレーン船をはじめ、「モンスター重機」が活躍する現場は、危険と隣り合わせの現場でもあるのでしょう。被災船舶の撤去やふたつの架橋大工事に従事してくださった深田サルベージ建設の皆様に、工事の無事故を願うとともに、あらためての御礼を申し上げます。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 深田サルベージ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示