fc2ブログ

仙台「復興ピアノ」

「駅ピアノ・空港ピアノ・街角ピアノ」は、コンサート会場ではない自由な空間に置かれたピアノが弾かれる様子のドキュメント。番組案内には、〈誰でも自由に弾けるピアノ--人々が紡ぐ“一期一会”の音楽〉と記してありました。

先週金曜日になにか録画するテレビ番組がないかと思ってプログラムをながめていた私の番組センサーがピ!と反応しました。7月23日(土)NHKBS1/12:00〜48 空港ピアノ「仙台」。

もしかするとあれの再放送かなと。あれというのは昨年放送された気仙沼出身のジャズピアニスト岡本優子さんの登場回です。

初回放送日は2021年3月28日となっています。しかし私が見たのはその後の再放送でした。それも何度かにわけての放送だったような。ブログで紹介しようと放送画面を撮影した記憶があったので調べてみると、2021年5月の画像がありました。放送画面には「空港ピアノ 仙台vol.3」と。やはり、何度かに分けて放送したものをまとめて放送したのが2021年3月28日ということなのかもしれません。

◎空港ピアノ「仙台」再放送

今回の再放送に関する番組案内を引用しておきます。

東日本大震災から10年。仙台空港に期間限定で設置された「復興ピアノ」。津波をかぶり、がれきの中からよみがえったピアノだ。訪れた人々はどんな思いで曲を弾くのか。 2021年2月、仙台空港にところどころ傷が残る一台のピアノが置かれた。宮城県七ヶ浜町で津波をかぶり、がれきの中からよみがえった「復興ピアノ」。震災の記憶を伝えようと期間限定で設置された。大学受験帰りの女子高生。北海道から友人を訪ねてきた女性。リクエストに応え「上を向いて歩こう」を弾く男性。定年退職後、弾き語りを始めた男性。震災で亡くなった恩師に曲をささげる女性。様々な人々が心のメロディーを奏でる。(引用は以上)

優子さん演奏の放送画面をいくつか紹介します。演奏曲は「Prayer〜祈り」です。


IMG_5478.jpg



IMG_5481.jpg




画面下のテロップはつぎのとおり。

震災時はニューヨークを中心に音楽活動をしていた。1週間 家族と連絡がつかなかった。そのとき作った曲「Prayer〜祈り」。その後 気仙沼を支援するチャリティCDを制作。今は帰国して宮城を中心にライブハウスなどで活動を続けている。やっぱり地元にこれを機に帰るべきなんじゃないかと 自分の中であって。やっぱり戻ってきて地元の温かさというか。ふるさとがあるってすてきなことだなって実感してますね。(引用は以上)

本日のブログは、昨年時点でのブログ紹介ができなかったことと、今回の再放送を優子さんも知らないのではないかなと思ってのこと。

今回の再放送を見て気づいたことがありました。昨年と今回とで放送を見たときの私の印象が微妙に違っています。2度目の視聴ということを差し引いてもちょっと違う。

なにか震災復興というワードに対する私自身の反応の変化なのでしょう。もしかすると、私の復興センサーの感度がにぶったのかもしれません。

2021年8月17日ブログ「20年前の優子さん」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 岡本優子空港ピアノ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示