fc2ブログ

両大使気仙沼訪問

6月15日のブログで、インドネシアのヘリ・アフマディ駐日大使の気仙沼訪問を紹介しました。本日はその続きです。

在インドネシア日本国大使館の公式Facebookに、金杉憲治駐インドネシア大使とインドネシア共和国のヘリ・アフマディ駐日大使の気仙沼訪問が紹介されていました。

まずは6月10日投稿から。漁船視察も紹介されていますが、これは臼福本店さんの第38昭福丸。説明しているのは臼井壯太郎代表です。





投稿文の主要部を引用します。

〈菅原茂市長とお会いし、気仙沼市にとってインドネシア人住民は家族のように大切な存在であることを伺いました、今年は8月6-7日に気仙沼みなとまつりが開催されるそうで、インドネシアフェスティバルも行われるそうです。

また、インドネシア人技能実習生が働く漁船視察や水産業組合との面会では、漁船乗組員候補育成のための協力強化について議論しました。

当時の大統領からの東日本大震災復興支援を活用して設置された「ユドヨノ友好こども館」を訪れ、ヘリ大使と両国間の防災協力の重要性を確認しました。気仙沼とインドネシアのきずなは大変深く、気仙沼ではインドネシアがとても身近にあること感じ、嬉しく思いました。 気仙沼その他日本各地のインドネシア人技能実習生のみなさん、頑張って! 〉


◎6月9日投稿

視察当日6月9日の投稿では動画が紹介されていました。




動画のなかで気仙沼図書館の内部が紹介されますが、これは同館の児童図書エリア「ユドヨノ友好こども館」です。

2011年6月にインドネシアのユドヨノ大統領が気仙沼を訪問したときに同国から気仙沼市に東日本大震災からの災害復興資金として200万ドル(約1億6千万円)が贈呈されました。

この寄付金は2018年3月に開館した新気仙沼図書館の建設費の一部としても活用され、同館内の児童図書エリアの名称は「ユドヨノ友好こども館」と名付けられたのです。

映像の最後で、みなとまつりのインドネシアパレードの様子がうつるパネルを説明しているのは「ミュージック・クラブ&真空管」の鈴木敦雄さんでしょうか。鈴木さんは昨年設立された一般社団法人気仙沼インドネシア友好協会のメンバーのひとりです。

◎金杉大使の休暇

金杉大使は、5月半ばから休暇で日本に一時帰国中でした。大使館Facebookの6月11日投稿では、お孫さんとの楽しいときを過ごす金杉大使のプライベートショットも紹介されていました。投稿には、「金杉大使の休暇も終わり、お孫さんとお別れしてジャカルタに戻ります」とありました。休暇中とはいえ、気仙沼訪問をはじめ、いろいろと公務があったようです。

金杉さんは外務審議官(経済)の前はアジア太平洋局長でした。2020年11月17日日経配信記事には、〈自由で開かれたアジア太平洋〉実現のための布陣のひとつとありました。

2022年G20サミットは本年11月にインドネシアのバリ島で開催されます。

金杉大使、気仙沼訪問/視察、ありがとうございました。忙しい毎日が続くこととは思いますが、どうぞまた気仙沼においでくださいますように。

6月15日ブログ「ヘリ大使 気仙沼に」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : インドネシア金杉憲治

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示