FC2ブログ

秋月幸夫君の訃報

数日遅れで届く三陸新報。ふだんは特に意識しては見ない訃報広告ですが、〈秋月マッサージ治療院〉の文字が目に入りました。アレッと思ってよく見れば、26日にとりおこなわれた気中3年8組の同級生 秋月幸夫君の葬儀の会葬御礼です。秋月君の奥様、そして息子さんふたりの名、ご両親のお名前もありました。知らなかった。数日分の三陸新報を探してみると、葬儀当日の26日に訃報広告が掲載されています。病気療養中のところ6月23日に……、ということでした。

秋月君と最後に会ったのは、20年近く前、42歳の厄払いのときだったと思います。あのときも昨年の還暦祝いと同じく気仙沼のホテル会場に200人近くが集まりました。テーブルはクラスごと。そこで秋月君が少し目を不自由にしていることをはじめて知ったのです。

私の肩を貸しながら秋月君と一緒にトイレに行きました。秋月君は〈オダァ、ワルイナァ〉と言います。そして席へ戻るときも、そのくり返しです。私は〈アキヅキサ、ナニイッテンダヨ〉。なにも気にすることはないよと言うのですが。

おとつい30日、たしか秋月君と親しかったなと思い、同じ8組の同級生 斉藤(広沢)高史君に電話しました。秋月君のことは〈知らなかった〉と言って驚いています。そして、20年前の厄払いの集まりのことなどを話すと、高史君はこう教えてくれました。

〈あん時もあいづは、みんなさ迷惑かげるからって言ったんだけんと、無理に連れで行ったのさ。去年の還暦祝いのときも誘ったけんと、体調が悪くて来られなかった〉

思わしくない体調、そして不自由な視覚。昨年の震災時はどうしたのだろうか。そしてその後はと、いまごろ心配してもはじまりません。約20年前に肩を貸したほかは、なんにも力になれなかったなと。

秋月幸夫君のご冥福を、謹んでお祈りいたします。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 秋月幸夫 秋月マッサージ治療院 気仙沼中学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示