fc2ブログ

同級生2人の訃報

連休もあけていつもの日常がもどってきた本日ですが、気仙沼中学同級生の訃報です。藤野清貴君(3年6組)が5月6日夜に亡くなりました。臼井真人君(3年2組)が7日に知らせてくれました。きのう5月8日の三陸新報にはつぎの訃報広告が掲載されています。

5:9
三陸新報5月8日掲載広告


〈大動脈解離〉そして〈急逝〉との文字。急なことだったのでしょう。清貴(きよたか)君とは何度か同じクラスになりました。その口調を今でも思い出すことができます。家は化粧坂でしたね。大学を卒業後、臼福さんに勤めていたと聞いていました。そしてきのうの訃報広告の脇には別枠で臼福商事さんとして、元常務取締役逝去のお知らせが。

そしてもうひとりの同級生、佐藤敏夫君(3年8組)が4月14日に亡くなったことも知りました。三陸新報(デジタル版)を調べてみると、4月16日に訃報広告が掲載されていました。


4:16
三陸新報4月16日掲載広告


私も気仙沼市内の多くの人と同じく、三陸新報の訃報広告には目を通します。この敏夫君の訃報も見ていたと思うのですが、気仙沼市赤岩という住所のためか同級生とは思わなかったのでしょう。病気療養中だったとのこと。

敏夫君は気中3年8組ですから同じクラスでした。気仙沼水産高校を卒業して漁協に勤めたように思います。ずいぶん長いこと会っていなかったなあ。

気中同級生ふたりの訃報広告。いずれにも親族の名に連ねて〈孫一同〉とありました。お孫さんからすれば70歳か71歳のお祖父ちゃんだったのですね。しかし私が思い出すのは、中学のときのふたりの表情であり口調。つまり50年以上前の清貴君と敏夫君です。まだまだ若い。ちょっと早すぎる。

おふたりのご冥福を心からお祈りいたします。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 藤野清貴佐藤敏夫

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示