fc2ブログ

気仙沼市観光協会

気仙沼観光コンベンション協会と、唐桑町観光協会、気仙沼大島観光協会とが統合しての一般社団法人気仙沼市観光協会が、4月1日に発足しました。4月2日の三陸新報がつぎのように伝えています。


三陸記事

三陸新報4月2日記事の一部イメージ


写真中央が新会長となる気仙沼コンベンション協会の加藤宣夫会長。左が気仙沼大島観光協会会長だった菊田強さんです。そして右側が唐桑町観光協会会長の三上忠文さんです。

三上忠文さん、というよりも三上君は、気仙沼高校で同級生でした。気高フェンシング部。いまはリアス唐桑ユースホステルを経営しています。三陸新報の写真をみると、マスクをしているものの、三上君の元気な様子がうかがえてなにより。私にはわかります。

2016年1月に三陸新報の〈今を伝える〜震災から復興へ歩む人たち〉という連載で三上君がとりあげられたとき、つぎのブログで紹介しました。当時64歳でしたがいまは70歳だと思います。

2016年1月19日ブログ「三上忠文君の記事」

4月1日には、三陸新報に「協会名変更のご挨拶」という広告が掲載されました。

ご挨拶
三陸新報4月1日掲載広告より


この広告をみると、三上君は新たな気仙沼市観光協会唐桑支部の支部長という役割を担うのですね。

なお、冒頭に紹介した三陸新報記事によれば、〈同時の統合を予定していた階上観光協会は、本年度を準備期間に充て、統合を来年4月に延期。「時期尚早」とする本吉町観光協会については今回の統合を見送り、協議を継続する〉とのことです。

まあなんというかいろいろありますから簡単に統合とはいきませんね。唐桑町観光協会の今回の統合への参加にあたってもさまざまな調整が必要だったのではないかと。三上君もいろいろと頑張ってくれたのでしょう。ご苦労さまでした。

気仙沼エリアの観光振興にあたって、観光協会が各地区に分散していることのマイナス面もあったと思います。今回の観光協会統合をよき契機にして、気仙沼の観光振興がより一体的に推進されることを期待しております。

三上君、どうぞよろしく。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 三上忠文気仙沼市観光協会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示