fc2ブログ

武山櫻子受賞作品

ご紹介が遅くなりましたが、同級生の書道作品受賞のお知らせです。武山櫻子さん(3年9組)の作品が書道芸術院主催の第75回記念「書道芸術院展」において、現代詩文書部における最高賞「第75回展記念賞」を受賞したとのこと。3月17日の三陸新報が伝えてくれました。なお、櫻子(おうし)は美加(みゆき)さんの雅号です。


三陸新報記事
三陸新報3月17日記事の一部イメージ


櫻子さんが書としたのは池尻足穂の句「山法師咲きて馬籠は雨の中」です。

馬籠(まごめ)と聞くと、気仙沼の人は本吉町馬籠を連想すると思いますが、これは中山道の馬籠宿、あるいは馬籠峠の風景でしょう。雨のなか山法師(やまぼうし)の白い花が咲いています。

記事にもあるように、今回の「書道芸術院展」は2月5日から11日まで東京・上野の東京都美術館で開催されました。会期は過ぎてしまいましたが、詳しい内容を知るために同展サイトを見て驚きました。VR(バーチャル・リアリティ)会場が設けられており、ネット上で会場を回りながら作品を鑑賞することができるのです。

これは便利とのぞいてみたら、すぐに武山さんの作品を見つけることができました。入口の左側をちょっといった左。受賞作品はこれです。


櫻子作品


書道芸術院展のムービーも見てみました。冒頭に記者発表会の様子。そのなかで、武山櫻子さんの名が耳にはいってきました。来年度の「大作出品者」を決定したという発表でした。前衛の大町青蓮さんと現代詩文書の武山櫻子さん、漢字の西川翠嵐さん3名であるとのこと。

この3名はみな書道芸術院展の各部門最高賞である記念賞受賞者です。いってみれば、ご褒美/副賞的なことなのでしょうね。すばらしい。

武山さんの作品も含め、書道芸術院展の入賞作品は3月18日から23日まで、せんだいメディアテークでの役員作品巡回展でも展示されたそうですが、本ブログでの紹介が遅くなってしまい既に終了。

知っていれば見に行ったのになあという同級生も多いことでしょう。でも大丈夫、VRという便利な代物がありますから。

書道芸術院展 VR会場

櫻子さんというか美加さん、このたびの受賞、本当におめでとう。益々のご活躍を。そして来年の〈大作〉も楽しみにしています。どうぞよろしく。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 武山櫻子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示